Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

誰でも身内贔屓をするということを覚えておく

自分の味方になってくれる人というのは
一人でも多い方がいいです

特に対女性で考えていく場合は
女性側の身内に対して良い印象を
与える良い関係を作るというのは
非常に重要です

それは明確な理由があるわけで

人間の性質として身内の話というのは
素直に自分に入れます
聞き入れる傾向が高くなります

逆に外側の人他人と認識してる人の
話というのは自分に簡単には
入れようとはしません

そうすると分かってくることは
より上手くやっていきたい相手
というのは、やはり自分に近い人からが
順番になってくるわけです

よく外面(そとづら)はいいけど
内面(うちづら)が悪い人

っていうのがいますけど

あれってめちゃめちゃ損が多いです

内側に快く思わない人がいればいるほど
自分の身近なコミュニティが
うまく回らなくなる要因に
なるからです

なぜならば自分が一緒にいる女性に
最も影響を与えるのが
その女性の身近にいる人達なのです

そうやって考えたらやはり自分が
良い関係を築いた方がいいのは

自分から近い人から順番

ってなってくるわけです

遠い人に自分をよく見せても意味はない
とは言えませんがリターンが最大級に多い
ところからは少し遠いです

なので結局エネルギーを使う順序というのは
自分から近い人から遠い人になっていく
というのがより良い形だと考えています

もちろんこの場合も様々なケースが出てきます

例えば女性自体がめっちゃくちゃ
友達の言うことに影響受けてしまう
タイプの女性ならば

そもそもその女性のタイプ自体を
考えた方が本来は良いです

なぜならばあまりにも身内の人の言うことに
影響を受けすぎてしまう人というのは

二人の間の関係だけではなく
外部の言葉にもあまりにも
影響受けすぎてしまって

関係のないところでトラブルが起きたり

意味のないところでトラブルを
起こしたりします

なのでバランスも大切になるんです

基本的には一対一の関係を中心に考え
参考程度に身内の人の意見も取り入れられる
というバランスの女性がより良いです

依存的に周りの人の話を聞いてしまう
周りの人の意見に重点を置きすぎてしまう

というのは関係が壊れやすい要素の一つだ

という事も知っておいた方が良いです












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年2月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:メカニズム

このページの先頭へ