Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
中年以降の活動はロールプレイを主体へ | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

中年以降の活動はロールプレイを主体へ

これも実際に私が活動していて
思っていることなのですが

女性獲得活動スタート初期では、

素の自分というものがあり

その素の自分が女性と過ごす

もしくは女性を手に入れたいから
とりあえず女性に話しかけて飲みに行って
家に連れて帰って・・・

みたいな形が普通だった訳ですが

その活動の形というのは有効期間は短くて
では自分が年齢を重ねても
女性から見て恋愛対象ではなくなってきた
こういった段階になった時に

色々とやり方を考えて実行し、

現状いくつかのやり方があって、
それを見返してみるとあることが分かってきます。

それはどういったことが分かってくるのか
というと、今までは素の自分というもの

日常生活のいつもの自分

その自分を主体として活動するのですが
年齢を重ねると日常生活の延長では
女性に興味を持ってもらえないんだ

ということがわかってくるので

※ここ何気にものすごく大切な事だと
思っています。

素の自分ではない自分という考え方

そうするともっと興味深い男性であると
女性に感じさせる必要がある
興味深い男性

そうなってくると元々の何も備わっていない自分で
女性に対していくというのは
あまりにも要領が悪いんだな
ということが分かってきます

そうすると、どういったことが有効性を
発揮するんだろうか

というのを色々と考えてやってた結果

私が今色々とやっているものは、結局・・・

ロールプレイ(役割演技)

何かしらの役割を演じて女性に接していく

という形になってきている

こういったケースが多いなぁと分かってきました

これが中々、一般の状態にある男性達は
出来ないんですね

一般的な男性は素の自分
何もない日常生活の延長線上にある自分

というものしか女性と接する時に
表現してはいけない

もしくは素の自分しか表現することができない

と思ってるんです

ところがそれでは興味は持たれない

なぜならば素の自分というのは

ただのおじさんだからです

なのでそこに何かしらを乗せていかないといけない

載せる場合は女性が興味を持って
関わりたくなる男性をロールプレイ
していかないといけない

では、どんなロールプレイ(役割演技)をしようか

こうやって考えていくと分かってくることは、
女性遊びをする時は自分は
ロールプレイ(役割演技)中だ

というように考えた方が良い
ということです

そうすると素の何もない自分で
という考えではなくて、

もう女性遊び全体がロールプレイングゲームを
やっているんだというように
考えられるようになります

そして、もうロールプレイだと考えた段階で
その役割に集中をしていく・なりきっていく
ということがしやすくなってくる

集中してやればやるほどより
自分の演じている対象の質は上がっていき、
女性から見ていくと非常に魅力的な男性として
見られるようになったり、

すごく関わるメリットがある男性
として見られるようになっていく

最近の私の活動は、ロールプレイ活動が
多くなっています












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年2月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:女遊び

このページの先頭へ