Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

他人を攻撃している人をまた違った角度から見ると、こういったことが分かってきます

ちょっと気になる出来事があったので・・・
それに関連した話をします

私達が結構身近で目にすることの一つは
同じコミュニティーにいる人を攻撃をする

そういった人を見る機会があると思います

いわゆるイジメと言われるような行為です

これを行う人はどういった人か?

ということについて、今日はお話しして
いきたいと思います

なぜこういった話をするのか?

というとこういったことが分かれば
そういったことをしている人への理解

攻撃している人への見方の精度があがると考えています

(より詳しく理解ができるという意味です)

なぜこんなことするんだろうというのも
ある程度、理解できるようになると思うからです

基本的なベースの考え方として
同じコミュニティにいる人を執拗なまでに
攻撃する人というのは

自分をコントロールできない人であり

この行為をすることで自分が得られると
思ってるもの

これが的外れだ

ということなんです

そして自分が特してるように感じているのかもしれませんが
結果的にそれは悪い方向に向かっていってる

などのように自分がやっている事を
より把握できていない人なんです

このタイプの人達は
なぜ残念な人かと判断できるのか?

この点をお話していきます

まずコミュニティに所属している、その所属している
メンバーを攻撃することで
そのコミュニティの雰囲気であったり
そういった要素を良くすることはないです

ただただ悪い方に向かわせ雰囲気を悪いものにし、
コミュニティ全体を弱体化させます

分裂化させたりします

基本的にはコミュニティをより良い状態にするためには
構成している人全体のモチベーションを
アップさせるというのが効率がいいやり方です

所属しているコミュニティというのは
シンプルに考えていけば
自分がいる場所なわけです

ならば自分がいる居場所の質をあげることが
自分へのメリットになるわけです

ですからコミュニティにいる人の全体の
モチベーションを上げるということが
より適切な行為であり、その中にいる人を攻撃し
全体のモチベーションとかを下げるというのは
非常にマイナスなわけです

ではなぜ、これをやる人は
こういったことをやるのか?

まずシンプルに快感を感じるから

という動物的な理由であったり

自己コントロールができない人なので
自分が快感に感じる事を
そのまま行動化するわけです

次にコミュニティに一緒に所属している人から
奪い取ることにより、自分にメリットがある
と考えているからです

コミュニティは奪い合いをする場所ではありませんし、
そこから奪い取ることで自分で得られるメリット
というのはデメリットの方が多いのだ

ということに気付けていない訳です

こうやって考えていくとコミュニティにいる人から
どんどん奪っていけば、そのコミュニティは質が悪く
その内、うまく機能しなくなる集団となっていくわけです

つまり自分がやってることというのは
自分の居場所の質を悪くしていき、機能しないものに
していってるってことなんですね

こういったことが分からない人が
そのコミュニティ内で他の人を攻撃したり
奪ったりして快感を感じて悦に至るわけです

結果これをやっていれば
当然ながら自分が所属するコミュニティーは
どんどん質が悪いものになり

極端な話そのコミュニティは淘汰されていったり

その人自体の全体の生活全体の質が
下がっていくということにシンプルに
繋がっていくわけです

のでこういった人を見てるとこの人は
沈んでいく人なんだろうな

って事が分かりますし・・・

基本的にアホな人なんだってことが
よく分かるわけです












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年3月25日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:人間メカニズム

このページの先頭へ