Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

性的な対応力を爆上げしていく方法

性的な意味での対応力を上げる方法というのは
なかなか難しいと思うのです

なぜならば普通の場面ですと
男性主導で男性が提供するものを
女性が受け取るという形が一般的だからです

なかなか女性の方から、

こうしてくれ、あーしてくれ

というような要求を受けるということは
少ないと思うのです

そうするとどうしても探究心が旺盛な男性であったり
エネルギーがあり、新しいことにチャレンジしたい
という気持ちを強く持っている男性以外は

現状の性的な技術で落ち着き
同じ女性と同じパターン化した技術の提供に
落ち着いてしまうことになると思うのです

別にこれが悪いというわけではないのです

もしも自分が性的な対応力を爆発的に上げていきたいな
と思う場合に何をしたらいいのか?

という具体的な方法についてお話をします

これはなぜ、こういった方法が良いのか
と考えたのかと言うと、今実際にメイン活動していて
その活動をされているメンバーさんの活動内容を
見させてもらっていると
性的な対応力がすごい上がるな

って思うケースが散見されるからです

それはどういった仕組みで
そういった形になるのかと言うと

一般的な男女の関係からの性的な関係ではない

最初っから女性の性癖にマッチさせた活動

そこに焦点を持ってきて女性と接点を作っていく
という形

これが重要なのです

そうするとこの男女の間には
お互いの目的があるわけです

そうすると女性側はこれをやってほしい

という強い欲望があり、
男性にコンタクトしてくるわけです

なので、ただ男性が提供するものを
受け取るという属性の女性ではなく

自分がこういったものを提供してほしいんで
これをこういう風にしてくれませんか

というように具体的に詳細にリクエストの形を
明確化してくる女性というのが多くなるわけです

これというのはすごいことで

普通の生活をしていると不特定多数の女性から
色々な性的なリクエストを受けるという経験は
ほとんどの男性にはないですね

決して見ることのない世界になるわけです

そしてこのリクエストを受けるというのは
ハードな場面です

なかなかの性的な対応力が必要で
自分の中で覚悟を決めて、

「どんなリクエストが来ても場面で対応してやると」

いう覚悟を持って女性に会いに行かなきゃ
いけないわけです

なので、そもそもの覚悟の量が
違うというのもあります

いつもの同じ相手に同じ流れのプレイを
提供するというのとは、もう全然違う場面で
活動することになるわけです

それだけその場面に意識を集中して感度を上げて
対応をしていかなきゃいけないわけですから

当然ながらそこで得られるものは
全然違うものになってくるわけです

そうすればパターン化されていない場面で
動くことになるわけですから

その場面場面で感じ取り自分の体を使い
女性が求めているものを理解しながら
自分の身体に反映させて
表現をしていくということをしなきゃ
いけなくなるわけです

これで性的な技術が
向上しないわけがないわけです

空にこういった技術を身につけ続けて
こういった場面に対応し続けることで
また別の角度での大きな男性としてのメリットも
手に入れられるようになるわけです

そういった話も含めて次回へ

続きます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年3月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:色気・セクシャリティ

このページの先頭へ