Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
場面対応力を上げるために知っておくと良いこと | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

場面対応力を上げるために知っておくと良いこと

これは知っておくと場面対応力が上がります
ので把握しておくようにしましょう

私たちというのは第三者のことになったりすると
冷静に物事を見れます

ですが問題なのは第三者に起こった物事を
判断する時ではないんです

一番まずいのは自分に起こった物事を
判断するときなんです

大体他人のこと
第三者のことを冷静な目で見て
冷静に分析できる人というのは

自分の事も分析できるし対応できる
と思っているものなのですが

大抵の人は自分のことになると
その判断力というのは崩れます

でも自分はできると思ってしまうんですね

なのでここは疑うようにする習慣を
つけた方がいいわけです

例えば医師の場合などで
そういった人は自分の身内を手術は
できないと言われます

これもまさにこのまんまそれが該当するわけです

このように私たちは自分に関わること
自分にとって大切な人に関わること
というものに対して判断が誤る傾向があるわけです

これは知っておかないと大きな判断ミスを
しがちになります

ではどうしたらいいのか
と言うと、どうやっても自分のことになると
視野狭窄になるというのがパターンの一つです

なので自分に起きたこととして考えるんではなく

俯瞰的に見るようにする

と、この状況が少し緩和されることになります

なかなか簡単にはできないのですが
自分のこととして捉えるんじゃなく

もしもこれが他の人に起こったならば
自分はどうやって判断するだろうか

と考えるのが大切になるわけです

私たちがテンパる理由というのは
自分自身におこった物事・自分にとって非常に
近しい人に起こった出来事ですとテンパります

そこでどうしたらいいのか

と言うとまぁまずテンパるのはしょうがないと
受け入れた上で

これまでお話ししてきたように俯瞰で見る
であったり、これが第三者のことならば
どういう風に判断するかな

というように考えるということが大切です

こうやって考えるだけでも少し冷静になることが
できるからです

本当はいつでも冷静沈着でいることが良いのですが
そんなことはできないので

いざって時にパッと対応できる
シンプルなことだけを覚えとくといいです

とりあえず第一に自分自身に起こった出来事・
トラブル・突発的な出来事というものは
判断ミスをするものだ

とんでもない判断をする

という風に覚えておきましょう

そしたら用心ができます

これが自分の中でぱっと浮かべることが
できるのか・できないのかで、だいぶ違います

自分は判断ができるんだ!

となるとそれが結局は偏見となり
誤った判断へと導かれます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年3月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:人間メカニズム

このページの先頭へ