Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

重要な女性を選ぶ時に、取り入れたほうがいい方法。

これまで私は一人の女性と付き合い

比較検証することなくなんとなくの感覚で

じゃあこの女性と一緒にいよう

と言って一緒にいて、惰性のような形で
女性パートナーに選ぶというのは
リスクが高い・危険だと考えています

特にこれまでに女性との関係を構築する
という経験があまりなく

ほとんど初めてに近い相手と
パートナー化するというのは
全く推奨していません

ただ他の考え方として

「選択肢がいっぱい、あればあるほど
人間は迷ってしまう」

という面もあるので

女性をパートナー化するには選択肢が少ない中で

良いと思った場合には突き進んだ方がいい

そうしないと結局適齢期などを過ぎて
独身のまま過ごしてしまう確率が上がりますよ

っという考え方もあります

より良い相手を選んでいくと考えたとき

私はどっちを採用するかというと

複数の女性と付き合い(これは同時には「可」です)

ただ複数の女性と付き合えばいい
というわけではないわけです

この先が大切なんです

それぞれの女性の良い所・悪い所を
しっかりと自分で多角度から
把握するということなんです

ですから一人一人の女性の性質全体を
しっかり把握するということが大切で

A と B がいて

A の方が良いなー好みだから
優しいし・・・

Aの勝ち

みたいなものじゃないです

判断基準というものは複数点にわたり
総合的に考えていく、ということは
非常に大切だと思ってます

じゃないと自分の感情や、自分の1点の好みのみで
選ぶと大抵失敗します

例えば優しいというのは、自分の意見を言えない
八方美人である

内向的である

考えられないタイプの人である

などの可能性もあるわけです

優しいという裏の面もちゃんと
見ていかなきゃいけない

ただ感覚的に優しいからという表面的な一点のみに
焦点を当てて判断をすると

実際に長い時間をかけて

それは優しいのではなく

自分が相手から文句言われるのが嫌だ
というネガティブな理由だけで

自分の意見を言わないタイプの女性だった
という可能性も十分にあるわけです

選ぶ基準を単純化すればするほど
自分の感情であったり・好みに寄っていってしまう
ような感じになるからです

パートナー化すると考えたときは
生活を共にするという現実もあるわけです

そうすると生活をしていくという面も考慮に入れつつ

その女性の心の健康度合いであったり
対人関係・コミュニケーション力であったり
親族との付き合い数であったり

その女性のネガティブポイントなど
いろんな面を見て考えてトータル的にどうなのか?

ということを考えないと

まず自分の感情だけで選んでしまうと

「こんなんじゃなかった」

となります

なぜならば他の面についてちゃんと
考えていないからです

他の女の性質についてちゃんと考えてないから

思ってない展開

になっていってしまうわけです

大切な事は

女性一人一人の性格を丁寧に見ていくということ

そして相対的に見ていくことになります

相相対的⇒比較するって事です

ので複数の女性との中から選んでいくということが
大切になります

選択肢は多いと迷うと言われますが

選択肢が多い中から、しっかりと比較検討し
先の未来なども考慮に入れた上で
多角度から判断して選んだという場合

その判断の精度は低くなることはないと思っています

高くなれども低くはなりません

自分の感情のみ
少ないポイントのみ

で選んだ場合は高確率で失敗すると思っています












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年3月13日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:見抜く

このページの先頭へ