未分類

これを知らないと失敗する。テクニックの使い分け。

これを知らないと失敗する。テクニックの使い分け。

という話をします。

テクニック論は、色々とありますが
ここで、知っておくべき重要なポイントは
誰にでも、使って良い訳ではない。
使える女性と、使えない女性がかならず存在
している。
という点です。

まず最初に、使う人と、使われる人。
この関係性を考えながら使わなければなりません。

例えば、テクニック論で、良く見かけられるのは

押してだめなら引いてみろ。

これは、あなたも一度は聞いた事があると
おもいます。

電話がかかってきても、出たり出なかったりする。

メールが来ても、返したり返さなかったりする。

相手の女性が、あなたとの関係性で、微妙な
関係にあったり、あなたの方が、パワーバランスで
若干上回っているタイミングならば、この手のテクニック
が有効になってきます。

しかし、相手の女性の方が、圧倒的にパワーバランス
が上の状態でこれをやってしまえば、あなたはただの
勘違い野郎になるわけです。

結果は、当然、無視されて終わりです。
引いたら、それっきり、女性にしてみれば
痛くもかゆくもありません。

そういった考えが、テクニックを使う上では
かならず持っていなければならないのです。

そのため、こういった系統のテクニックを
紹介する時は、こういった要素がある事を
説明する必要があるのです。

女性が、たいしてモテないような女性で
あれば、あなたが、声をかけただけでも
興味を持つ事が十分になります。

あなたが、現状のあなたであっても、そういった
女性と知り合う事ができるだけで
落とす事ができたりします。

そういった女性ならば、連絡を返したり
返さなかったりあえてする事で、女性に
お互いのパワーバランスを、認識させるという
意味でも、有効です。

そして、こちらが意識的に連絡をとらなかったり
する事で、あなたが、この関係性では
主導権を握っている事を、相手の女性に
認識させる事ができるのです。

しかし、あなたが、心から求めるような
女性であれば、まず、現状のあなたが
武装をする事なく、感性のまま、思いつくまま
アタックすれば、まずド失敗します。

ましてや、論理的に破たんしているような
テクニックをそのまま、利用してみれば
どういった結果になるかは、考えるだけで
こわいぐらいです。

女性の立場によって、求めているものが
違います。これは、当然です。
人間は、その立場によって、求めているものが
全然違うのです。

そのため、まず、テクニックを使うにしても
その女性は、どういった立ち位置にいるだろう
女性である事を考える必要があります。

その上で、こういったテクニックを使うと
有効に作用するのか?
それとも、まるで効果を発揮しないのか?
などを判断していく事が大切になります。

まず、あなたが、気になってしかたないような
女性である場合、こちら都合であるテクニックは
通用しない、通用しずらいと思った方が
良いです。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-未分類

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER