未分類

使えるギャップとは、このような定義です。

使えるギャップとは、このような定義です。

という話をします。

色々な恋愛教材を読んでいると、まあ、良く
書かれている事があります。

それは、「ギャップを使え」です。

ギャップに女性は、弱いから、ギャップがある事を
前面に押し出だせ。ギャップを作るんだ。
と、まあ、そればかり押したりします。

適当に、恋愛教材作って、売っちゃえー
って人によくある、にわか仕込みの薄っぺらい
方法論です。納得できるような説明もなく、
これを書かれている場合は、そういった人
(にわか仕込み)だと判断して良いです。

そのため、そういった人達は
そのギャップとは、どういったものか?
というと、その定義があいまいです。

おそらく、どういった定義のギャップが
有効なのかを理解していないで、適当な
感覚で話をしているんだろうな。

というのが、透けて見えたりします^^;

ギャップを使え。

だけの説明だと、このように捉えてしまう人だって
絶対に存在しているわけです。

いつもは、だらしない恰好をしているのだが
パーティーになると、すごいオシャレになる。

実際に、こういった事で、ギャップを作れ。
と書かれているようなものを読んだりしました。

それは・・・完全に、定義を間違っています。
考え方を根本的に、変えない限り、効果なんて
ありえません。

このような事例は、ギャップでもなんでもなくて
ただ、ちょっと、がんばっちゃた人。
このような扱いにしか、女性の中ではなりません。

「ギャップがあって、素敵」

なんて、展開には、間違ってもなりゃーしません。

でも、ギャップが大切。
しか説明されなければ、こんな風に捉えてしまっても
しかたがないのです。

そこには、ちゃんとした説明が必要です。

ギャップの定義とは

「高い所にいる人が、低く見せる事」

これで、やっと有効になるのです。

日頃、だらしない恰好をしている人が、パーティーで
オシャレなのは、ギャップではありません。

日頃から、ファッションに気を配っている人が
テニスしにいったら、スポーティーなファッション
だった。

これが、ギャップです。

日頃、大人しくて、温厚な人が、自分の趣味の
話になると、テンションが高くなるのは
ギャップではありません。

ただ、興奮している、ちょっとキモチ悪い男です。

日頃、パワフルに仕事をしていて、なんでも
バリバリこなしていて、落ち込む事なんてなさそうだな。

という人が、いきなり、ボソッと弱音を吐く

これがギャップ

つまり、日頃から、自分の価値を高い状態に
している人が、低く見えるような行動をするのが
ギャップとなるのです。

何も自分に用意をしてこなかった人が、モテるための
要素として、手軽にギャップを使えばモテるんだろ?
的なテクニカルな意味で使っても、プラスに
作用する事なんてないんです。

ギャップは、にわか仕込みで、浅いテクニックと
して使っても、何の意味もありません。
むしろ、逆効果です。
だったら、使わない方が良いです。

ズレまくって、気持ち悪いだけになります。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-未分類

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER