未分類

話がはずむ座り位置とは?<基礎バージョン>。

話がはずむ座り位置とは?<基礎バージョン>。

という話をします。

昨日に引き続き、基礎的な話をしてきたいと
思います。今回の話は、座り位置についてです。

この話は、実験で検証されたものをベースに
話をしているので、効果は確かです。
ちょっと勉強した事がある人は、知っていると
思いますが、復習という意味で、読んでみてください。

合コンの場面をおもい浮かべてください。

この場面では、男性3対女性3の合コンです。
そして、テーブルに着きます。

位置取りできるのは、このような形です。

※ここでは、どの女性が気にいったか?という
点は省き、女性と会話量を増やす事を
目的としていると考えてください。

   女性A     男性B
男性A□□□□テーブル□□□□女性B
   女性C     男性C

ちょっとメールを受け取る側の環境により、
形がだいぶかわって見えると思いますので
文章で、補足説明をします。

長方形のテーブルに座っていると、考えてください。
一番距離が遠いのは、男性Aと女性B
このような形のテーブルという前提で。

男女は、交互になって座っています。

ここで、あなたならば、位置取りはどうしますか?

ちょっとだけ考えてみてください。

これに、どれが正解。というものはないですが
会話量が増えるという事を考えると

男性Aの位置が、最も良いです。

数値にして、お話をします。

対面同士の会話量を、1とします。
すると、隣通りの会話量は、2となります。
男性Aと女性Aとの斜めの位置関係だと3となります。

要は、対面同士よりも、斜め同士の方が
3倍の会話量になる。

これが実験結果上のデータ。
すると、必然的に、男性Aの位置が良い事が
分かると思います。

この位置関係のまま、合コンが続けば
男性Aと女性Bは、最も、仲良くなれない
位置関係である事も理解いただけるかと思います。

これは、デートの時でも応用できる考えです。
対面は、対立関係が成り立ちやすい心理の位置
なので、避ける事がベターなんです。

レストランとかで、正方形のテーブルならば
斜めに座る位置取りが、良いでしょう。

実際に、座って話をしてみると分かるのですが
思っている以上に、快適ですよ。
この位置関係で座るの。

こういった基礎的な事は、案外バカにできませんし
それに、基礎的な話って、結構、喜ばれます^^

ただ、位置関係が良くても、他の要素がダメダメ
では、当然ですが、話は盛り上がりません^^;

これは、当然ですね。

それに、忘れてはいけないのは、会話を盛り上げる
のは、位置関係もありますが、会話の内容より
環境を重視する方が、大切なので、そういった
点にも気を配る事が、大切になります。

話の内容が同じでも、その場の環境により
女性が受けるイメージには、かなりの差が付きますので
その点にも、注意をしてください。

環境が、人間の心理に与える影響は
計りしれないものがあります。

環境についての対策は、良く考える事に
越した事はないです。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-未分類

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER