考え方

私がやった、人間関係での向き合い方の最適化

私もこれまでお話した事があるとおり

元々内向的なんです

考え方も内向的でした(かなり強めに内向的)

そして他人に対して寛容的ではありませんでした

あまり積極的に関わりたいとも思いませんでした

なぜならばあまりにも周りの人と
自分では考え方や判断の仕方や
ストレスに感じるポイントや

もう挙げだしたらキリがないところが
全て違うからです

なのでどうやったって関わっていると
自分が思っていることとは違うことしか
起きないわけです

そしたらどうするのか

というとそれを避けるという方向性になります

避ける結果あんまり人とか関わりたくない
という考え方になっていき
より内向的な方向に向かいやすくなる訳です

ところがそれをやっていると不都合も多いんです

まず自分の欲求として友達と遊びたい
女性関係を増やしたいと思っても

それを実行・再現するためには、すべて人間が
関わってくるということが問題点として
まず最初に出てくる訳です

なので仲間を作ったり女性を獲得する場合

まず最初に対面しなければいけない問題点は
人間と関わる時に100%起こる摩擦

これについての考え方というのを
変えないといけないなということが
分かってきた訳です

これまでは逃げる・回避するという方法を
選択していた訳ですが、内向的な面を前面に
押し出していた時は、それをやっていると
何も自分が望んだ方向に動かないということが
嫌程わかるので

考え方を変えなければいけません

やり方を考えなければいけません

どのように変えるか?

というとまず考え方として

””人と関わる時には100%どんな時でも
どこでも摩擦が起きる”

(ここで言う摩擦とは考え方の違い
コミュニケーションの取り方の違い
理解の仕方の違い

などなど自分とは違うことで起こる様々な出来事)

と言うように考え方を変えました

つまり摩擦が起きることを避けるということを

・・・完全に諦める・・・

というところから始めました

人と関わる=摩擦が起こり続ける事

これを受け入れることにしました

摩擦が起きない関係はあり得ない

その前提で取り組みます

で、そうすると次に考えることは

摩擦がないことを期待する

ではなく

摩擦は常に起きますよ

”さあ起きたどう対処しますか”

という、つまりの所、人間関係は

”エンドレスな対処ゲームなんだ”

ということがわかってくる訳です

常に人間関係は摩擦が起きる

それを解決していくというゲームなんです

解決と言ったら100%白黒をつけるみたいに
考えられてしまいますが
そういった意味ではないです

なんとか着地する

というようなイメージが
より現実にマッチしている表現だと思います

人間関係は
対処していくというものが

どんな時でも
付いてくるゲームなんです

もう一体なんです

「人間関係を持っていく、摩擦を対処するという行為」

これは一体

なのでその前提でやっていくことが大切になる
ということがわかってくる訳です

そしてもう一つここで知っておくと
非常に良いポイントというのがありまして

続きます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-考え方
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER