考え方

私がやった、人間関係での向き合い方の最適化/その2

私たちはどんな時だって楽(ラク)がいいです

なので楽であることを望むわけです

そうすると摩擦が起こった時にとる態度
というのは、まぁ方向性は決まってきまして

逃げる

というのを最も好む訳です

ところがです

逃げるという選択は摩擦の問題が解決できる
確率が色々な選択肢の中でも

”最も低いものだ”

ということがわかってくるんです

では逆にそういった摩擦が起きた時に選択すると
良い方向は何なのかというと

私がよく使う言葉で表現するならば

折り合いをつける

というやつです

これが実は摩擦が起きた時の問題が解消できる確率を
最も高める選択肢なんですね

これが数字化して表されたりしているのですが

2倍ほど違う

ということがわかってたりする訳です

逃げた場合というのは、その摩擦が解決される
確率は約40%

折り合いをつけるという場合は

約80%も解決できてしまうってことも
分かってる訳です

つまり逃げるとどうしても摩擦がどんどん
トラブルがどんどん増えていってしまう訳です

かと言って強引に強制ししたり、脅しをかけて
自分に都合よく展開させるというのも
トラブルが増える大きな要因になるので

結果的に妥協をしてお互いにどうやったら
諦めつくかね

というようなやり方

つまり、折り合いをつけるですね

と言うやり方が摩擦と言うトラブル対処ゲームの中では
最も良い方向に向かいやすいやりかたなんです

ここでまた問題になってくるのが

絶対こうである

という考え方を持っていると
この妥協をしたり、ちょうど良いポイントで
調節するという

フワッとしたやりかた

ができなくなってしまう訳です

私達は人間関係で
常に対処しなければいけないのです

対処する上ではフワフワとした

まぁとりあえず、この場は良い形で納めよう

というやり方が常にどんな時でも
大切だってことがわかってきます

なぜならばいつだってトラブルに
対処しなければいけないというのが
私たちが生きている人間の社会です

それを100%白黒はっきりさせようということを
考えることがそもそも無理なんです

100%白黒はっきりさせようと考えるから
それはうまくいかないですから

いつでも上手くいかない

結果的に無気力になってしまったり

トラブルをより大きくさせてしまったり

逃げたいという方向に持っていってしまう訳です

というようなこと、を色々と今までの人間関係の
活動の中で蓄積していった結果

現状を私も今はトラブルが起きるのは当たり前

その中でいかに折り合いつけようかなー

ということを考えながらずっと活動してる訳です

もう白黒つけようなんてことは考えていません

まずは色々と話してみるってところが
大切になります

そうすると話をとりあえずしてみる
世間話というものの重要性とかが

すっげえ大切だという現実が見えてきたりします

若い時には馬鹿にしていた世間話ができる

という能力の威力を改めて
大人になってから知ったりします





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-考え方
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER