Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
ある男性の女性との、1つの究極的な関わり方 | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ある男性の女性との、1つの究極的な関わり方

これは結構前の話となります

ある男性がいて、その男性は一人の女性が大好きで
男性自体はもうかなり年齢が高く

そして女性は年齢が若い

女性は日頃いろんなものを提供してくれる
この男性のもとにいるわけです

ですが女性側は奔放なタイプで

特に性に関して奔放なタイプ
そして恋愛に関しても奔放なタイプで

すぐに他の男性を好きになってしまう

ここで多くの男性がやりがちなことは

その女性を束縛するないし
力で抑えるないし
懇願をするという形をとるわけです

(もしくは私の考え方ならば
最初からこの女性とは深く関わらないという選択)

ですがこの男性は全く違い
どういった方法をとるのか?

と言うと、、、

ただ待つ

って言うだけなんです

かなり私から見ると辛い形です

なぜならば自分には何の権限もない・選択肢もない

からです

しかし
これは本人も理解しているんです

なのでただ待つんです

ここにものすごい核となる考え方があるな
と思っていて

一つの方向性としては、これは私の考えになります

そういった性質を持っている女性だと
最初の段階で理解をして、その女性を恋愛の対象に
入れないという考え方です

そしてもう一つは彼と同じように
全てを受け入れて待つ
というスタンスを取ることです

この女性と、もしも継続的な関係を持ちたい
この女性でなければだめだ
と思うのであれば選択肢は

実はこれ一択になるんです

これ以外にないんです

もちろん自分のメリットを上げていく

そして女性にとってなくてはならない
存在になるというのも一つですが

もっと大きな枠として
その女性自体がもう性・恋愛に奔放だ
という私たちの力が及ばない
もうどうにもできない性質を持っているんです

たとえ自分のメリットをあげようがあげまいが
この女性は性・恋愛という刺激が欲しいので
もう抑えがきかないわけです

そこで考えると分かってくることは
この女性にとって最も大きなメリットは
何かと言えば

待っているという存在になる

これが最も大きなメリットの一つに
なるわけです

そしたらそのの恋愛が終わった段階で
戻ってくるわけです

そしてまたしばらく生活していたら
刺激が欲しくなり飛び去っていき

そしてまた帰ってくる

そうするとこの女性にとってみると
自分の帰る場所があり
楽しむだけ楽しんだら帰れる場所がある

という、おそらく彼女が最も求めているであろう
場所を作ることができるわけです

この核にあるものは何かと言うと
非常にシンプルです

人間は他人のやりたいことを決めたり
縛ったり、力で押さえつけるって事は
出来ないってことなんです

ですからその人しかいないと考えた場合

その人が、 やりたいようにやらせてあげる

しか根本的な解決はない

ということなんです

それ以外にその人と上手くやっていく道はない

なのでこの男性がとっている手段というのは
非常に核心に刺さることだなと思うんです

これしかないですから

ただそれは周りから見るとものすごく愚かしい
ことに見えるかもしれないわけです

ただ待っているというスタンスですから

でもものすごいやり方だなと思います

ほぼ唯一に近い方法を
選択できているのですから












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年4月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛理論

このページの先頭へ