感性・感覚

年齢差がある相手へのコミュニケーションと考え方について

継続的に獲得活動をしていくと
年齢差が20歳差とか普通にあるケースが出てきます

場合によっては30歳差ということも
出てくるわけです

既に私の場合20歳差というのが度々あるわけです

さすがにまだ30歳差というのはないですが
私の年齢的な問題です

私の年齢が50代になれば30歳差というケースが
出てくるわけです

さてこの時に重要になることは
こういった年齢差があまりにもある場合の
コミュニケーションの取り方であったり

そのコミュニケーションに対する考え方です

特に親密な関係を30歳差がある中で
作っていく場合

この考え方を持っていると、その関係は壊れやすい
という考え方をお話しします

それはお互いに考え方を話してお互いに理解して

考え方を一致させるという考え方です

価値観を同じような感じにする

これはうまくいきません

なぜならばそこには埋められない
30年の差があるからです

私たちの考え方はもはや30歳下の人達に
一致させたり、価値観を同じような感じに
してもらうのは不可能であり

私たちがその30歳下の女性達の価値観に合わせて行く
というのは無理です

例えば

今20歳差がある女性達と一緒にいると
その女性達は LINE を使うというのが

日常であり LINE を使って話をする時に
スマホのスピーカーをオンにして喋るのが
比較的普通になってたりします

ですが私のような中年の男性からしてみると
スピーカーにして話をされるというのは
相手に対して失礼になってしまう

みたいな判断を持っています

自分の知らないところで勝手にスピーカーオンに
されて周りの人に自分の話してる内容が
聞かれてしまうというのは嫌ですし
当然相手側も嫌だと思います

その想定で話をしてないという
世代だったりするからです

そしてこの価値観はどっちが正しい

というのはそれぞれで
一致することはないです

どっちかがどっちかに寄せるというのも
ちょっと無理があるんです

なぜならば女性側の方は
女性側の方でスピーカーで喋るというのが
普通の価値観で、なぜスピーカーに
しちゃいけないのかの理解ができません

もしもそれを常識としてしまったならば
女性側の方に不都合が多くなるからです

(あくまでもこのスピーカーオンの話は一例であり
このように全体の価値観を一致させようと思うと
不都合というものがそれぞれに
多くなるということです)

女性側は女性側の文化で生きているので
その文化をいじるってわけにはいかないんです

その文化をいじってしまって
こっちに合わせてもらったら

その女性側は女性側の方の文化でのズレを
生じさせてしまって

考え方であったりやり方というものが
時代遅れみたいになってしまうので
迷惑かけちゃうんです

ので、こっちからもその考え方を強く押し付ける
わけにはいかないんです

じゃあどうしたらいいのかと言うと
理解はするまではいいんです

でも価値観を一緒にしようとは
思わなくていいんです

そして相手側にもこちらの価値観
というものに一致させてもらおうと
考えなくていいんです

私達は別の時代を生きてるので
一致させるという必要性も
そこまでないんです

これから年齢が離れた女性達と
多く接点を作る場合

ここは意識していた方がいいなと思います

それに女性の性質を判断して

この女性とはちょっと会わない方がいいな

とか

会ってもいいかな

という判断の基準も時代によって
変わってきます

今私が採用しているその判断も
10年経ったらまた変わりますし
微調整が繰り返されます

ですからここで完成というのは
やっぱりないんです

その時代によって実際に女性と関わりながら
判断していくってことが大切になります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-感性・感覚
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER