Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
女性を性的な雰囲気に誘導する時に、採用する仕組み/その2 | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性を性的な雰囲気に誘導する時に、採用する仕組み/その2

人間は文脈によって、考えるモード
シンプルモードに分かれる

考えるモードは考えて答えを出すから良いの
だけど、問題はシンプルモード

というのが前回のお話

さてさて、ここから分かることは何かと言うと

私たちが女性との関係の間に

より良い状態を作りたい

男性側にとって望ましい状態を作りたい場合
というのは女性を、より感情的にさせて
おいた方が良いということなんです

導入部分で、楽しい気持ちにさせておく

そうするとその楽しい気持ちから
次の行動にスムーズに移れる訳です

つまりは考えさせてはいけないわけです

最初の導入部分にシンプルモードを採用したいんです

論理的なものを考えさせてから

例えば性的な展開に持っていくと

女性は私はこの男性を、恋愛対象として
気に入っていない

だから断る

というような感じになってしまう

ちゃんと考えて結論を出してしまう

逆に楽しい状態で入って行って

スキンシップなどを取られて
身体の距離が徐々に近くなってドキドキしたり
しながら関係が進んで行ったら

楽しいし・触られて嫌じゃないし

まあ楽しいって事は一緒にいて楽しい相手
って事だし、まあ、いいって事かな

(本来楽しい=男性として恋愛対象ではないわけです
でももうシンプルモードになっているから
ちゃんと順序立てては考えなくなる)

結果

楽しいからの、性的展開になったから
私はこの人のこと気に入ってんだろう

というような感じになりやすいです

ポイントは女性にとって入り口は簡単なもの
感情優先の状態に
しておく必要があるってところなんです

入り口を考えるモードにしてはいけない

例えば、

男性として、どう思っていますか?

付き合ってもらえませんか?

という考えるモードにさせておいてから

どこか遊びにいきませんか?

は、展開が難しいわけです

考えてしまうから

考えて、もしここで一緒に遊びにいったら
付き合うって事になるな

男性側の要望に対してOKという事になるな

というように考えてしまう
考えるモードだから

すると答えはより吟味されてしまって
転がるような展開になりづらくなるわけです

入り口はシンプルに楽しく・ワクワクを












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年5月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:脳科学

このページの先頭へ