Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
精度の低い判断方法 | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精度の低い判断方法

私達が何かしら判断する時の判断材料として

これを無意識に選んでしまう

と失敗する確率を上げるというのがあります

データ数が少ないものをベースとした判断

これにを採用すると間違う確率が多くなります

参考にするケース数が多ければ多いほど
その判断というものは良い判断になる
傾向が高いんです

つまりサンプル数を1回という実体験を元にして
その後判断を下していくというのは
結構ミスが起こりやすい判断の仕方だ
ということなんです

「例えばゴリ押しすれば女性は押し切れる」

「会おうよ、を連呼すればどうにかなる」

「嘘ついても、とりあえず会ってしまえば
こっちのものだ」

「とりあえず、お酒を飲ませればどうにかなる」

というサンプル数を「1回」でゴリゴリに
進めてしまうとそれがトラブルの元になったりする

それに少ないサンプル数で、考えを完全に決定
するのもミスになりがちです

その判断の精度を上げていくためには
数の積み重ねの中から判断を下していく
というのがミスを減らしていく
最大の方法の一つになる訳です

それと、継続して積み重ねていくという事も
大切になります

例えば代表的な間違いというのは

私たちというのは、ついつい楽に判断をしたいから
内容というものを精査しないで
すぐに受け入れてしまおうとする訳です

例えばちょっと立ち話で聞いたんだけど

というように立ち話で一つの例を聞いただけで
それが正しいと思い込んでしまい

それを判断基準のベースにしてしまったり
するわけです

立ち話で聞いたその話なんていうのは
本来全体を詳細に聞いたわけでもないし

その話がどれぐらい精度が高いのかもわからないし

そもそもそれが本当に正しい話なのか
どうかも確かめようがないわけです

でも私たちというのは楽をしたいので
ついつい、こういった話を自分の判断材料に
してしまったりすることがある訳です

全然、専門的に詳しくない人の何気ない一言
なんかも判断材料にして、それで判断をしてしまう
なんてことがあるのも、その代表的な例です

私たちは判断を下す時のその根拠になるもの
根拠の出先というものを、少し意識するようにすると
判断の精度がいろんな面で上がっていきます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年5月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:判断方法

このページの先頭へ