Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

良い出来事を増やす方法。

実際に会うことになった場合でも、
インターネット上で言葉の交換を
するときでも、そこで使われているものに
よって印象が決まるわけです。

毎回正解の言葉が使えるとは
限らないのは大前提なのですが
ただ考え方として

言葉は短いセンテンスで終わらすと

思いが伝わらなかったり

印象というものは変わってしまうことが
多いのです

例えば何かしら相手を傷つけて
しまったり、自分が意図しないことが
あって相手に伝わってしまった場合

単純に謝るということをするとしても

「ごめん」

というその一言と

「ごめん
〇〇という点に対して
全然考えが及んでいなかったんだ・・・
考えてみれば分かること
だったんだけど・・・」

という風にすると、どっちの方が
その人に悪意がなく思わず
ミスってしまったんだ

ということが伝わるのか

ということを考えるとお分かりの
通り後者の方が、その考えが
伝わる訳です

ではなぜ伝わるのかというと
単純にちゃんとした説明が
加えられているからです

つまり短いセンテンスでは
こちらの考えというものが
伝えられないものなんです

なので毎回このようにより良い答えを
出そうと思うと会話するとかLINEを
するとかが苦痛になってしまうのですが

短いセンテンス

長いセンテンス

では相手に与えるイメージというものが
違うんだということを理解した上で

言葉を使っていくというのが
大切になってきます

でないと短いセンテンスのが楽だ

という考えだけで使っていると

そこからは伝えられないことが
いっぱいあるんだという事を
見過ごしてしまうことになる訳です

そうすると使う言葉というものが
短いセンテンスだけになり

結果的にそれでは全然自分の考えが
伝えられないということがわからずに

結果的に人間関係というものに
亀裂が入りやすくなってしまうということに
なるわけです

私たちは数限りない言葉を交換していきます

その中で当然ながら自分が意図しなかった
事が時として相手に伝わり

相手を怒らせてしまったり・傷つけたりする
ことの繰り返しの中で関係が
築かれていく訳です

そういった前提で考えていくと

短いセンテンスだけでどうにかしよう

と思っている場合

関係が壊れてしまう確率が非常に高くなる
ということなんです

ですから私達はどうにかして、その言葉の中に
相手が理解できる言葉を込めるには
どうしたらいいだろうか

ということを考え短いセンテンスで
終わらずに、もう少し何かしら情報を
入れることができないだろうか

もう少し何かしらの感情を入れることが
できないだろうかという風に考えて

言葉と付き合ってみるという
意識を持つことが大切なんだということが
分かってきます

この意識を持たない場合はただ単純な
短いセンテンスで反応したら終わり

というセンテンスを選んでしまう訳です

短いセンテンスの中に自分の感情
であったり考えというものを
入れるのが無理だということが
わかってくると思います

続きます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年5月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:会話・言葉

このページの先頭へ