人間心理

あなたの人間への信頼度と健康を決定する要素

自分でコミュニティを作ったり
自分が住む場所であったり
そういったことを決める時の参考になる話として
お話ししていきます

自分が住む場所というのは自分に合った場所に
住んだ方がいいです

もう少し言うと穏やかな場所の方が良いと思っています

この穏やかなという言葉も、いまいちはっきりしないと
思いますので、これから具体的に話を進めます

これは選ぶことができる場合に限りなんですが

例えば無理をしてかっこいいからという理由で
格差がある場所に住んでしまうと
普通の凡人は居心地が悪くなります

そして人に対しての信頼を持つという気持ちが
低くなるって事も分かってるんです

ではその理由を説明します

自分が所属している地域で経済格差があるような
地域では、ある傾向が高くなるって事が分かっています

このある傾向というのは

人に対しての信頼度が低くなる

という事

それは人間は隙があれば裏切るものだ

と考えている人の割合と
経済地域での経済格差がある場所

というのは比例の関係にあるわけです

経済格差が多い地域になればなるほど
人間は裏切るものだという考えを
持つ人の割合が多くなることが分かってるわけです

背伸びをして住んでしまう場所というのは
どうしても地域格差も出てきてしまう
場所だったりするので

そういった地域格差がない場所ってのが
住むのであればベターだということなんです

これって大切なんです

地域全体の傾向として人への信頼感を
失いがちな雰囲気だと、それが全体に影響を
及ぼす

そうするとそれが多くの人の気持ちに
蔓延していき全体がそういった雰囲気に
染まっていくというサイクルになってしまう

これだけに終わらないんですね

人間は裏切るものだという考えを持っていると
健康を害する確率もあがる

という関連性があるって事もわかってるんです

より強く

人は隙があれば裏切るぜ

と思っている人が多い地域であればあるほど
健康に害が出る割合が高くなるって事が分かっています

この三つは関連した関連性があるんです

経済格差がある地域に住んでいると
人をだんだんと信頼できなくなっていき
人を信頼できない心の持ちようで生活をしていると
健康を害しやすいという形ですね

この三つには関連性があるって事が
分かっていると住む場所っていうのは
重要だということが分かってきます

私たちは社会的な動物なのでどうやったって
周りと比較してしまいます

自分が四畳半の狭いアパートに住んでるのに
近くを歩いてたら大豪邸があるなんていうのは
やっぱり精神状態的にフェアでいられなくなりがちです

そうすると人に対しても信頼を持てなくなる
というのは自然な流れだと思うんです

(あくまでもこれは個人の心理に目を向けたらという意味です)

人に対して信頼ができないような心理状態で
長年生活してりゃ、そりゃ健康を害して当然かなと思うわけです

今後自分の住む場所を決めるような機会が
あったりする場合は参考にしてみてください

※ただ注意点があります

これは個人単位での話ではないです

例えば経済格差がある地域で自分が豊かな立場になれば
精神的に良くなって、対人関係が良くなる
とかそういったことじゃなく

地域全体の傾向として経済格差のある場所では
人に対しての信頼度が低くなる傾向を高めますよ

全体的に人に対する信頼度が低い地域だと
その全体の雰囲気が人の健康に害を及ぼす傾向を強めますよ

ということです

個人単位の問題ではないです

なので自分が仮にその地域で豊かになったとしても
周りの人の雰囲気に影響を受けて個人単位では
健康に害を及ぼす確率があるということです

だから住む場所自体が大切だということなんです

個人ができることは

住む場所について考えよう

ということです

ここが個人単位で考えられることです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-人間心理
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER