脳科学

快/感/を得やすい状態のメリットとは何か?

人間は楽しいと感じることであったり
嬉しいと感じることを要素として
活動を続けることができる

という話を前回にお話ししました

それに関わることの話を今日は
していきます

活動を続けるためには自分の中で
ドーパミンが出ていると
その活動を継続しやすくなります

これはネズミの実験でも分かっていることで
ボタンを押すと糖が出てくる

ってなるとネズミはボタンを押し続けるのですが
出なくなってくるとそのうちやめます

ところがねずみに事前にドーパミンを
増やすような薬を与えておくと
ドーパミンが多く出ている事で

ボタン押す習慣が根強く
自分についているんで

糖という報酬が出なくても
ずっとボタンを押し続ける

これはちょっと危ない面もあるわけです

ドーパミンが出てしまうと
やめられなくなるっ

ていうところも関わるわけですなんですが

基本的にはある程度のドーパミン量であれば
良い方向に持って行くことができる

その活動をより長く続けていきたい場合には
脳内のドーパミンの放出量を増やす
と良い訳です

ではどうやったらドーパミンが出てくるのか

と言うと/快/感/を感じるば感じるほど
ドーパミンというのは出てくるわけです

つまり自分がやろうと思ってる物事に
対して/快/感/を感じれるってのが
一番強いんです

よく人間は無理やり他人から
やらされてもそれは継続することが
できないという理由もここが
関わってくるわけです

でここでドーパミンが出やすくなる
栄養素ってのがあるんです

それは何かって言うとアミノ酸に
含まれているチロシンなんです

ただチロシンを単体でとろうとか
サプリメントで取ろうと
考えなくてもいいんです

アミノ酸はもともとはたんぱく質です

ということは日頃からしっかりと
タンパク質を取るっていうことを
考えることは大切だっていうこと
も分かってきます

そこから逆算的に辿って行くと
また分かることがあります

しっかりとした栄養素を摂ることで
ドーパミンが出やすくなる

さらに日頃から身体のケアもすることで
体が動かしやすくなる

体と栄養素の両方からちゃんと
ケアをしていると物事に対して積極的になる

積極的になるということは
楽しいと感じれたりそれを/快/感/と感じれる
確率が高くなる

ドーパミンが出やすくなる

結果的に対象の物事に対して
積極的に関われる

結果習慣となりそれが当たり前となり
上手くなっていくみたいな感じなんです

で、これって言うのは

性と/快/感/

この事ってすごく深く関わるんです

この事は、性の全書を見てもらえれば

あーなるほどと

今の段階でも、分かるはずです

何が関わるのかというと

ドーパミン・体のケア・栄養素

ここは結局密接に関係してくるってことが
分かるからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-脳科学

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER