レベルアップするために

弱点克服をする方法/その2

今、自分がついつい選択してしまってる行動
というのは自分の中でプラスになってない

と思う物は弱点だったりするわけです

その弱点を克服するためには
一度それが本当に自分にとって
必要なのかということを自分であらためて
冷静に考えてみることだっていう話を
前回しました

これを習慣づけていくと自分が疑問を抱かずに
繰り返している行動というものに
意識がいくようになります

それは本当に必要なのか

という風に思える機会を持つことができます

例えば最近では本当に結構、多くの人が
これをやっているなと思うんですが
周りの人でも多いと思います

最新のスマホの機種が出たら
それを購入し続けるという行動です

あれもう一度見直すといいだろうな

とは思っています

もちろん本人にはいいませんけれども

なぜならばその習慣というのは
コストがかかる行動だなと思っています

実際にはそんなに使いこなしていないため
使っていてもLINE・綺麗なカメラ

そしてインターネットをする

であれば、そのコストは必要ない

みたいな感じなんです

(あくまでも例です
スマホを常に最新機種にする事を否定している
わけではなく、もしもそれが自分の足を
引っ張っているならば、それは必要か?
と疑う習慣がいるなという意味です)

今まで自分が疑っていない行動を
疑ってみるというのは非常にコストを
下げていく面でメリットがあります

これというのは自分の他のことにも
思いっきり影響してきます

例えば女性関係も思いっきり関係します

私は本当にこれで女性関係のコストの
かけ方が鬼のように変わっていったんです

例えば街で声をかけるというのは
めちゃめちゃ時間コストはかかります

これは本当にこれだけのコストを投入しないと
望んでいる結果を手にする事は出来ないのか

※望んでいる結果という部分が大切

という風に疑う

本当にこれだけ時間をかけないと
再現できないのかというふうに
考えてみる

というところから始まっていくわけです

このように自分が習慣化している行動に
対して疑いを持つというのは
新しい角度の行動を知っていく
きっかけにもなるわけです

これをやらない限り男性はいつまでも
恋愛感情ありきで女性と接点を作ろうと
考えてしまいますし、生活の面では
無駄なコストをめちゃめちゃ使い続ける
ということにもなるかもしれません

例えばこれは本当些細なことと
感じるかもしれませんが

コンビニで習慣で自分の飲料を500ミリの
ペットボトルを毎日3本買って行くとします

でもこれって一度考えてみたほうがいいんです
コンビニで買う飲料水というのは
世の中で買う飲料水で最もコストが高いからです

例えばディスカウントストアに行ったら
2 L 60円ぐらいの水が普通に売ってるわけです

一方コンビニの水は一本500ミリリットルで
150円だとします(計算しやすく)

それを4本買ったら600円です10倍なんですね
コストのかかり方は

みたいな感じです
(すげー小さい話ですが^^; 
でもこれって一生続く習慣の話なので
結果はバカにできないものになるんです)

一度自分が習慣にしている行動に対して
本当にそのコストって
かけるだけの意味あるのかって言うことを
考えてみると良いです

これって些細なことなんですかあらゆる面で
考え治すための、きっかけになるので
とりあえず一度習慣になっているものを
見直してみる事は非常に大切です

ちなみに先ほどのコンビニの話なんですけど
自己破産する人の代表的な行動の一つ
だったりするんです

自己破産する人って別に派手に散財する
わけではなく、このようにコンビニで
一回に1000円以上かかってしまう
(それを日に数回繰り返す)

そういった生活習慣を普通にしてしまう

そういったところから自己破産・破綻って
起こったりするんです

小さいことの繰り返しで小さく足りないなー
毎月収支が小さく赤字
みたいなのが継続的に続き

それが習慣化して、ある日、破綻が来るわけです

などのように本当にちょっとしたことを
見直すことでよくなることというのは
めちゃくちゃあるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-レベルアップするために

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER