印象

性格の第一印象を良くすること

第一印象が大切だっていうのは
もう十分すぎるほど理解をしている
ものなのですが

第一印象は見た目だけではなくて

その人のパッと見た時の性格的なものの
第一印象というのもあるんです

ここを見逃しがちなんです

自分のパッと見の第一印象の性格

というものも意識して作って行かないと
いけないんです

例えばじっくりとよく知っていけば
いい人である

だとしても第一印象での性格があまり良く
なさそうであるとか意地悪そうである

っていうふうに受け取られるような
雰囲気を作ってしまえば
それは間違っているわけです

それに第一印象というのは
その後なかなか変わらないということが
分かってるので

第一印象の性格についても意識をした方がいいんです

ではどうやって意識をしていくのか

と言うとまず第一印象の性格が悪い人に
ありがちな考え方というのは

自分が思ったことを正直に表現することが
悪いとは思えない

わざわざ、やさしい雰囲気の表情にする
意味がない

というタイプの考え方を採用している人は
やっぱり第一印象の性格は悪い方向に
なっていくんです

なぜならばいつも自分がやっていることが
ものの見事に表現されるというのが

人間の印象を形作るベースです

でも本人は気付いてないんです

いいたいことを言う人というのは
結局はそれは自分の目線でしかなくて

相手側の目線でモノを考え喋っていない
自分勝手な人なんだっていう風に
なっちゃうわけです

そうすると必然的に第一印象の性格も
悪そうに見えるんです

自分勝手を日々おこなっている人の印象に
なるからです

これって言い方を変えれば

自分が好きなようにやるけれども
皆にはいい人だと思われたい

けどそれは無理なんです

自分がやりたいこと・言いたい事を
好きなように外に向けて
表現をするというのは自分勝手に振る舞う

ということとイコールなわけです

こういったことをやっていると第一印象の性格

はやっぱり、悪くなってって
どんどん自分の負担が増えてくんです

印象が悪いということは喜んで
協力してもらえる確率が少なくなる

外で自分の事を話しされるとしても

あいつは嫌な奴だ

というようなネガティブな評価が流される
危険性がある

そうすると自分とまだ関わったことがない人にも
ネガティブな印象を持たれ

(これがすでに性格への第一印象付けになって
しまう危険性を十分に含んでいる)

自分の味方になる確率を失う

それが巡り巡って自分が何かあった時に
快く助けてくれる人がいなくなっていく事に
つながるわけです

こういった理由があるので第一印象の性格部分も
一生懸命磨いておくってのはすごく大切で

では何をやるのかと言うと日頃から自分から
発信される言動にちゃんと意識を配るってことです

やさしい考えをベースにして言動を作っていく

いいたいことを言いたいように言う

(言われた人の気持ちを考慮にいれていないのが
すでにやさしくないわけです)

それで性格の第一印象を良くしようとするのは無理です

好きな時に好きなだけ食べて
6パックにならない

と言ってんのと同じような感じです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-印象
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER