方法論

女性を強力に誘導しやすくなる手法の一つ

この方法というのは使える場面は
かなり限定的になるのですが、
知っておくと役に立つこともある方法の一つです

女性関係については、使える場面は
限定的ですが、これは仕事という面で見ると
どの場面でもやりやすいです

私達は初対面同士の場合

自分の考えというものをより強く持ちます
そしてその考えを変えない傾向が
強くなります

例えば女性が知らない男性から
話しかけられたりすると
非常に否定的な態度で臨みます

なぜ否定的な態度で臨むのかというと
人は基本的に未経験の新しい出来事

コミュニケーションを取った事がない
未知の男性

というものに対しては否定的な立場を
取りたいと思うものなんです

そういった知らない未知の相手を簡単に
肯定して付き合うと自分の身にリスクが
あるので、否定的な形を取って
自分を守ろうとする訳です

さて
ここでどういった方法が有効になるのか

というと私は街で女性に話しかける時に
いつも相方と一緒にいました

一人の女性に話しかけるという形も
非常に多く採用してました

これが凄くうまくいく
っていうことも体験的に知っていました

今はその理由を言葉で説明できるように
なりましたので、今はこうやって
説明をするということもできたりするのです

ではなぜ二対一というような
アンバランスな形を取るのか

というと先、ほどお話したよう未経験な事
コミュニケーションをとった事がない初対面の
男性に対して否定して考える

という傾向が強いというお話をしましたが

二人一組で活動して話をしていると

まず単純に男性側から提案するもの

女性はそれを否定したいと思います

ですが一緒にいる仲間がそれを肯定します

そうすると多数決的にこっちの意見の方が
通りやすくなります

女性側も否定的な意見をその状況だと
出しにくくなってくるんです

なので私たちの話男性側の話の方が
より肯定的に通りやすくなっていくんです

(もちろん、ガン無視の場合は何も
スタートしないのでその場合はスルーします)

この女性側には話が通りやすいな
女性側がそれを受け入れている
傾向がある場合は、実際にそこから
連れ出しという形を用いるわけです

もうそうすると、より一層こちらの立場が
強くなっていくのです

まず二人いることで主導権を非常に
取り易くなります

そしてこちらから出される話というものは
仲間が全肯定をしてくれることで

まるでそれが正しいかのような
雰囲気が作られるわけです

単純に味方が多い方が強い

というのも大いに関係してきます

ですから大切な場面では自分の味方は
多くした方がいいんです

単純に多いだけで有利になります

ましてや、このような場面になったら
もう二対一で更に自分達が主導権を持ち

自分達のホームの場所に移動する

そうすると自分たちにとって
めちゃめちゃ有利な条件がどんどん
積み重なっていくので

その場面を非常に男性側にとって良い方向に
持っていきやすくなるという

シンプルなんですが
非常に力のある方法があるんです

これは仕事には簡単に応用できると思います

大切な場面ではなるだけ自分側の人数を
多くした方がいいよと言うシンプルな
考え方です

これは飲み会なんかでの、対女性でも有効に力を
発揮する場面かなと思います

ただインターネットによるオンラインの
活動の場合はこれは採用することが
できる場面は少なくなります

使える場面があるようでしたら
使ってみてください

使える場面が来た時には予め一緒にいる
仲間とは相談をしておいて、

自分が言う事に全部賛成をしてくれ

ということを説明しといて、なぜかという理由も
軽く説明しておくと、チーム戦が
上手く回りやすくなっていきます

よく飲み会なんかで
お互いに茶々を入れたり、お互いを
落とし合うような男性達がいますが

あれっていうのはデメリットしかないので
何のためやってんのかなと思ったりします





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER