学び・知識・知る事

私たちの時間の濃度を向上させる方法の一つ

こんなことはないでしょうか

学生時代とかで学校のイベントなんかで
演劇を見に行くことになった

そして真剣な演劇なので、ここではなるだけ
音を出したくない

っていうように思う訳で

ですが誰か一人が咳き込み始めました

そしたらまるで冗談をやっているか
のように、ふざけてるかのように
周りの人も咳をしだして

それが止まらなくなる

なんていう状況に陥る

これというのは別に意図的にやってる
のではないんです

もちろん咳が出てしまうような
何かしら特別な状態とか、空中に多量の埃が
舞っていたとかそういったものが
あったのではないんです

では何でこういった事っていうのは
起きるのかというと

これは皆の意識の持っていき方なんです

このケースはみんな咳をしてはいけない

っていうことは、分かってる訳です

ですから静かにしなければいけない

のだけれども、1人が咳をすることに
よってそこに皆の意識は集中してしまう

意識を集中させるとなぜか知らないけれども、
自分も咳をしてしまいそうで、、、

してしまう

人間にはそういった部分があるんです

例えばテレビなんかで催眠術をかけるような
番組があります

あれというのは一定の割合でテレビを
見てる人もかかってしまう

っていうことになるんです

それはなぜかと言ったら

その催眠術に意識を集中させる人達が
意識を集中させた結果

催眠術師が言うような状態に
自分を持っていってしまうのです

このように私たちは意識の持っていき方に
よって自分の状態というのは
どうとでもなる

ってことが分かってくるのです

ここで大切になるのは、その意識の持って
行き方をどっちに持っていくかなんです

ポジティブな方に持っていくのか

ネガティブな方に持っていくのか

もちろん私達は時間の質を上げていくので
あれば自分が意図的に意識をポジティブ方向に
持って行くのが大切なんです

自分で意図的に、今この場面で

どっちに意識を持っていきましょうか

という風にコントロールできるようになる
ことが非常に重要なんです

こんなことを言われることがあります

人間は老人になると人生を生きる濃度上がる

それは何でかってなると

それは年齢があるが上がっていくことによって
物理的に自分の持ち時間は少ない

ってことが意識できるんです

そうすると否応無しに自分の持ち時間の
質を上げた方がいいということが
わかってくるそうなんです

そうすると自分で意識をして
自分の意識の集中の矛先を
どこに持っていくか

ってことを選ぶようになるんです

例えば過去に起きた嫌なことに
意識を持っていく

そして一日それで沈んだ気持ちで
過ごしていく

その一日と

「さあ今日は何をしよう」

という風に今日を楽しむことに意識を
持っていった結果の一日と

そうすると一日の時間の濃度
というものがまるで別のものに
なっていくのです

これっていうのは非常に時間の濃度の
上げ方としては重要な方法で

ここの境目はどこにあるのか

というと自分の意識をどこに集中するのか

というのが境目だったのです

ですが私達は、まだまだそういった老人の
ように自分の時間を全て自由に
使えるわけではないわけです

それでは私たちの現状に合わせて
考えていくと、どういったやり方が
有効なのか

それをまた次回続けてお話ししていきます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER