同棲をする時の一つのルール



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
同棲をするようになって
破局するケースは
多いです。
 
付き合っている時には
見えない事が一緒に
住むようになると
見えるようになるから。
 
それと。
注意するべき点。
 
男性側として。
同棲するようになると、
びっくりするぐらいに
無口になっていく。
 
元々がお話好きでも
無い限り多くの男性は
家で話をしなくなります。
 
んで。
女性はそこにがっかり
する事は良くある事。
 
さて。
これが長い時間をかけて
大きなトラブルの元
になっていくわけです。
 
男性の1日に取れる
コミュニケーション量。
 
女性が1日に取れる
コミュニケーション量。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年9月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

活動には基地があるとハイパフォーマンスを発揮する。/その3



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
強いつながりを作る
にしても、それには
それぞれのタイプがあり
そのタイプが合致
している必要がある。
 
というのが前回までのお話。
 
1・信頼を置いて、ザックリ
と心を開いていける。
 
2・どうしても不安感が
残ってしまう。
 
3・心を閉ざしたまま。
明らかなラインを引く。
 
とまあ。
このようにわけた
場合は、1の人が
強い基地感覚を手に
する事ができる確率が
高いなって思います。
 
基地感覚を手に入れる
事ができる最大の
メリットなのですが。
 
ストレス軽減。
不安感。
 
この軽減にあると
思っています。
 
だから自分が活動をしていく
場所にそういった相手が
いると、まあこの上なく
幸せです。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年9月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

活動には基地があるとハイパフォーマンスを発揮する。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
これまでに未経験である
活動へのストレスとか
恐怖心を感じなくなった。
そして大胆に活動ができる
事を体感した。
その理由は・・・。
というのが前回までのお話。
 
それが仲間。
相方という強い味方。
基地があるという感覚。
 
これを手に入れたから
だろうなって思うように
なったんですね。
 
それまではどうも孤独感
というか、仲間だな。
 
っていう感覚を同姓の
男性に持つ事はなかったんです。
 
お互いに幼く、お互いに
エゴが剥き出しだった
からなんでしょうが。
 
どうやっても思いっきり
他人感しか感じる事が
できてなかったんですね。
 
それが親元を離れて、
1人で生活をし始めて
自分で決断をする事が
多くなった時から。
 
かなりエゴ感が抜けて
いったんだと思うんです。
 
そのタイミングが個人的に
大学入学後ぐらいから
だったんですね。
 
回りの人達も同じだった
人が多かったんだと
思うんです。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年9月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

活動には基地があるとハイパフォーマンスを発揮する



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
これに気がついたのは
大学の時です。
 
それまでは特に、
基地といった感覚を
持つことがなかったです。
 
最初に基地という
感覚を持つ事ができた
のは、強烈な仲間が
出来た時です。
 
「あー。
こいつらは、嫌な事とか
裏切るような事をする事は
ないだろうな。」
 
同姓の男性にこういった
感覚を持てたのは
この時が初めてでした。
 
それが俺の人生の中で
初になる、
“相方2人”
でした。
 
しかも相方は1人じゃなくて
2人も出来たので
それはそれは強烈な
基地を手にした感じが
しました。
 
この基地という感覚
なのですが、それまでと
大きく違っていた
点なのですが。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年9月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

女性獲得活動を怖いから、不快へ持っていく事が大切。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
女性獲得活動をする事は
多分これまでも
これからも快適になる
事はないだろうな。
というのが前回までのお話。
 
その理由は人間社会上の
仕組みで人間に
働きかけてきたもの
なんだろうな。
 
だから同姓の男性で
友達の彼女とかでも関係
なくて女性にガンガン声を
かけられる人というのは、
死ぬほど嫌われるわけです。
 
これは人間としては
やってはいけない事として
インプットされている
ようなものだと思うんです。
 
だからそういったルールを
根強く持っている男性は
中々簡単に女性に
アプローチできない
という面があると
思っているんです。
 
ただそのルールが強すぎると
女性獲得活動をする事への
恐怖が強くなりすぎて
しまうと思っているんです。
 
恐怖があると活動が
出来ないんですね。
でもこういった男性としての
昔から備わってきた
無言のルールみたいな
ものがあるので。
どうしても何かしらの
ネガティブな気持ちは
沸き起こるんだと思うんです。
 
長年女性獲得活動を
してきた感覚として
分かった事は。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年8月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

女性獲得活動を怖いから、不快へ持っていく事が大切。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
女性獲得活動で最も
大きな問題を含んでいる
点は、、、
 
怖いという“恐怖心”。
 
だと思っています。
女性にアプローチをする
事でどんな反応をされる
のだろうか。
 
罵声を浴びせられたら
どうしようか。
無視されたら嫌だな。
笑われたらどうしよう。
回りの目が気になる。
噂になったらどうしよう。
この事で陰口言われたら・・・。
 
こういった気持ちが
沸き起こって冷や汗を
かいて心臓がドキドキ
する事になるんです。
 
恐怖というのは
活動をしようという
気持ちを十分に奪い取る
だけの力があります。
 
ただ男性がそうやって
自由に女性に声を
かけられないのは
もし男性が皆それが
出来てしまったら、
家族であったり、
男女が力を合わせて
子供を育てるといった
システムが崩壊するじゃないですか。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年8月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

最低なコミュニケーション。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
最低のコミュニケーションを
選択してしまう根底にある
考え方の一つ。
これが前回までのお話。
 
それは。
 
“自分が受けた利益に
ついては、一切の
カウントはしない。”
 
と。
 
“自分が受けた損失
だけは、それを補てんする
ように求める。”
 
これを組み合わせた
考えを持っている人。
 
この考えが根底にある
人は、最低のコミュニケーション
を発する傾向にある。
 
これは女性獲得活動の
1つとして、飲み会とか
合コンなるものを
主催しても、本当に
よくあるケースです。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年5月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

最低なコミュニケーション



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
長年、どうやったら
女性から求められる
男性になるのかを考えて
伝え続けていると。
 
結びつくのは。
「人としての考え方。」
になってしまうんです。
 
これは度々遭遇する
最低なコミュニケーションの
1つだと思っている例です。
 
ニュースとかで、保育園とかに
暴漢が侵入して、
先生達が子供達を
守ろうとしてケガをした。
 
で。
そこでの発言。
ここで差がでる。
俺が普通に何を考えて
発言するか。
ってなると、

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年5月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

女性関係ウハウハになる方法。/その4



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
分からないスタートで。
後から回りから知らせて
もらう順序で自分の適性を
知る事ができるんです。
が前回までのお話。
 
で話をまとめます。
これについては、あなたが
女性獲得活動で
あったり、生活全般でも
応用ができます。
 
そういった中で、
適性を知っていく
ためには、まずできる
事は。。。
 
回りから求められる
事は、とりあえず
全力を持ってやってみる
って事になります。
 
もし回りのメンバーから。
「最近飲み会とか
ないよねー。
誰か知り合いの女性とか
っていない?。」
 
ってなったら。
自分主導でそれをどうにか
できないかって考えて
動いてみる。
 
「え!?なんで俺が。
めんどくせー。
言い出しっぺがやれば
いいじゃん。」

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年5月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

女性関係ウハウハになる方法。/その3



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
活動をしていく中で、
回りから求められる事の
中に自分の潜在能力が
隠れている。
ここは自分で気づく事は
できない。
というのが前回までのお話。
 
気づくことができないのは、
それが自分にとっては
あまりに普通にできて
しまう事だから。
 
実はそれは普通に簡単に
出来る事ではなくて、
簡単には出来ない事で
それはすごく私達には
必要なものなんですよ。
 
って言ってもらう事に
よってしか、本人は中々気づく
事ってできないんですね。
 
分かりやすい所で言えば。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年5月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

このページの先頭へ