女性関係では、頭がいい人が失敗の深みにはまってしまう理由。

自分のことを頭がいいと思っていると、

(頭がいいという判断が、事実にあれ事実でないにしても)、

そのように思っていると中々自分の考えが
間違っているかもしれないという、
可能性について考えられなくなってしまいます。

これまで自分の考え方が、多く正解してきたと思っている。

だから現在の自分がいる。

と考えているとなおさら自分が
失敗をしている可能性に関して低く評価してしまう
状態になってしまいます。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年9月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

自分を知るために私が重要視していること。

男性は特に誰でも自分のことを、過剰に高く評価を
してしまうものです。

ほとんどの男性は、自分は女性から見て
魅力が感じられる方であると考えています。

特に男性はその傾向が高く、自分が普通の男性よりも
平均的な魅力より低いという風には、
ほぼ考えないわけです。

私の場合はまるでそういった感覚はなく、

ちょっとでも気を抜けば平均以下になり、
そして女性からの反応は取れなくなるだろう。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年9月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

自分の他人から見たキャラクターについてを他人から詳しく聞く方法。

普通に生活をしていて、コミュニケーションを
取っていても、自分がどう言ったキャラクターで
あるのか。他人からだと、どういう風に見られているのか。

これを正しく知る機会というのはあまりありません。

実際に今までの生活の中で、他人から自分は
どういうキャラクターなのか、
どういった性格の人としてとらえられているのか。
どういった印象を持たれているのかということ
を聞く機会はほとんどなかったかと思います。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年8月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

“49%の男性達”がやっている、女性関係での、とってもでか過ぎるミス。

多くの男性が、なぜ自分は女性遊び
をしたいのに、上手くいかないの
だろうかって思っています。

俺は賢いし、やさしいし、
一緒にいれば明るくて楽しい、
ルックスだって悪くない。

一緒にいれば楽しいはず。

まあまあ女性からだって
好かれるもの。

って思っています。

で。

そうやって女性との接点を
作るべく動いている男性達。

では、その男性達の自分の
評価ってものをさせるとします。

自分が平均以下って見積もる
人ってどれぐらいいると
思いますか。

・・・。

1%以下。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年7月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

適正に自分の男女関係市場での価値を知る方法

男性に思いっきり該当する
事なのですが、男性は
現実の自分を冷静に見れないで
いる事が多いです。

だから男性の中では、俺は
女性にこのぐらいモテるものだ。

と自己評価しているよりも、
かなり現実は低いものです。

ここで私がより現実に合わせて
適正化する方法をお教えします。

男女が参加する飲み会に
行ってください。

それでどれぐらいそこに参加
している女性があなたに興味を
持ち、あなたとコミュニケーション
を取るかを見てください。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年7月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

あなたは自分の好きな女性遊びの方向性を知らないかも。/その2

昨日の近しい所の話をしたいので
ちょっと違う角度からの話になりますが、

その2

となっています。

自分にとって必要な活動か
活動ではないかも、自分でちゃんと
感じる事が大切なんです。

例えば私の生活の中で非常に
分かりやすいパターンは、
トレーニングがあります。

あれって、別に

「ちょー楽しい~
欠かせない趣味なんだよねー。
行くのがワクワク。」

って思う事じゃないんです。

「面倒・・・。
面倒・・・。」

でしかないんです。

ので本来ならば行かなくて良い
ならば行きたくないぐらい
なんですね。

行き帰りなどの時間も含めると
余裕で2時間以上の時間は
取る事になるので。

じゃーなんで。
となると、そこには語り切れない
程の膨大なメリットがあり過ぎて。

という面と。

私の中では、生活のノルマに
なっているので、週2回は
こなす事が自分との約束なので
約束やぶると、自分への
信頼感が下がるのでやるんです。

で。

その後に大切な事なのですが。

じゃーそれだけ面倒だし
自分との約束なので・・・

で行きますよね。

終わりますよね。

で、その時に自分がどう感じて
いるのかってによーーーく
感覚の焦点を当ててみてください。

で、自分に聞くと。

「行って良かった。」

がほぼほぼ100%。

(たまにこの体調でいったら
風邪ひくよ。と感じてもノルマを
優先して行って。で翌日風邪に
なる事があるので、たまに
失敗します。)

って事で行った後に自分の気持ちが
どうなるかが大切。

(と昨日のお話ともここがリンク。)

つまり、具体的なメリットも
死ぬほどあるのですが

自分の気持ちとしても
結果からみると、行った方が良い。
ならばこれは自分にとっては
必要な活動になるんです。

では。

別の角度から。

人づてのあまり仲が良いよ。

と言えない関係の人から誘われた
女性もいる飲み会・合コンにより
近い形のもの。

これって一見すると楽しいように
感じて何回も何回も参加して
きたのですが、、、

結果は、そうでもない。

別に開催している人とか
そういう事じゃなくて、
多分私の飲み会的なものは、

仲間がいて、それで楽しくなる
ものっぽいので、遠い関係の人
と女性をメインにした飲み会を
しても楽しくないっぽい。

って事でその系統の飲み会は
あまり私には必要性はない。

だったら所属しているコミュニティ
で、おっさん達と飲んでいる方が
楽しいと分かる。

これは何回も参加して、その時の
結果の気持ちから判断をしていきます。

自分がその活動を好きだろうか。
面倒だな。
面白くなさそうだな。
と思っても実際は違う事が多々
ありますから、自分を通して実際に
何回もやってみる。

忘れてしまいそうならば。
簡単に通信簿のように5段階
評価とかにすれば良い。

自分にとって結果良いと思える
通信簿になったものは
自分に採用をしていく。

自分にとって必要な事、
自分にマッチしている
遊び方なども分かっている
遊びも分かってきます。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年5月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

あなたは自分の好きな女性遊びの方向性を知らないかも

最初っからド・シモネタから
いきますよー。

私は昔、まったく/風/俗/という
ものに行った事が無い頃。

人生の中でも最も楽しい
遊びの一つなんだろうと
期待をしていたんです。

大人が最も楽しい遊びのように
話をしているからです。

なので、私の中では期待
マックスの遊びの一つは
/風/俗/だったんですね。

で。
実際に行ってみたり、色々な
検証をしてみたりして
結構な数をこなしている
内に・・・

「あれ・・・。
自分が想定しているよりも
楽しいと思える事・・・
1回もないんだけど。」

って分かってきたんです。

で、下した判断としては、

「ははーん。
私はこの遊び方は、最高に
楽しいよと言っている
大人と同じレベルでは楽しめない
タイプなんだな。」

って事が分かったんです。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年5月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

思い知るという経験をしていく

活動をしていく事で、多くの事を
思い知らされる事になります。

自分ではわかっているつもり。

な事が、実際に自分を商品として

恋愛市場なり

男女市場なりに出してみると。

すると、自分ではわかっているつもり。

だったものが、はっきりと現実として
思い知らされる事になるんです。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年1月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

男性は女性の好意を読み間違う



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
「この女性は、俺に好意
を持っているな。」
 
っていう判断を男性は
してしまいがちなので、
この点を事前にしって
おいた方が良いです。
 
男性あるあるなのですが、
良く学生時代に
こんな男性いませんでした?。
 
お祭りで自分の隣に
女性が座っただけで、
「あの子。
俺に気がある。」
っていう男性。
 
ウェイトレスが営業
スマイルで接して来たら、
「あの子。
俺に気がある。」
って(笑)。
 
自意識過剰という面も
あるんですけど。
 
男性はそう判断をしやすい
わけなんです。
 
特に若い時はその傾向
が強いです。
 
年齢が上がってくると
それまでの自分なりの
経験が積みかさねるから
あまりそこまで勘違いを
しなくなります。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年9月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

歳を重ねた時の武器。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
年齢を重ねる上で大きな武器
になるものは何か。
共感性の高さ。
寛容の高さ。
こういったものになっていく。
それが前回までの話。
 
特にこの男性は共感する力
が強いなーって思える
タイプが、相手の年齢に合わせて
自分のその当時の感覚を
すぐに蘇えらせる
事ができるタイプの人。
 
このタイプの人はすごい
なって思います。
 
どの年齢層の人を相手に
しても、その当時の自分を
持ってこれるので。
 
同じような目線で、同じ事を
一緒に楽しめるんですね。
これってすげースキルだな
って思います。
 
俺には出来ないんですよね。
今、20歳の女性と一緒の
時間を過ごしていても、
その年齢の頃の自分の感覚
を持ってこれない。
 
だからそこまで共感性を
持つ事ができないんです。
 
その代りに人の愚かな部分
を理解出来ているので
その分、流す事ができます。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2015年12月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

このページの先頭へ