Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php:210) in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/permalink_redirect-2.0.5/ylsy_permalink_redirect.php on line 423
「行動学」のアーカイブ | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

あなたの人間的な質を劇的に向上させていく方法。

行動を最優先にした方がいい理由
についてお話ししていきます

行動したことというのは
事実なので後からは
変更することができないのです

なぜならば事実を変更する

というのは起こっている出来事を
ねじ曲げてしまうような
ものだからです

この投稿の続きを読む »












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2019年1月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

女性関係の活動で、自分を動かす方法。

私たちは、行動をする対象への
期待の程度が高ければ高いほど
動こうと思います。

私たちは女性を獲得するために
ある事をやると結果を手に入れる事が
分かっている。

それをこなしていくことで
魅力的で自分が望んでいる形
を手に入れる事ができる。

そしてそれは非常に
自分にとって重要である。

という思いが積み重なれば
積み重なってくるほど、
動けない自分が動けるように
なるものです。

ところが自分は何をやっても
結果にはたどり着けないと思っていると、

望んでいるものが非常に
重要なものであったとしても
動くことが出来ないわけです。

あ、そもそもその行動の対象自体に
そこまで重要性を感じない人は、
動かないものです。

ので今動けない場合は
方向性はこのような方向性が
考えられます。

自分が目標達成できるという
期待値が低い。

そもそも行動のターゲットに
本質的な必要性は感じてない。

ということでまずは、
自分はこういう風に動いて行けば
いいだろうと言う、成功できる
形を具体的に知っていく。

そうすると上手くいくであろう事が
分かって、わくわくしていく。

例えば今自由に女性と遊べるように
なりたいならば。

その具体的な方法をちゃんと
自分に設定をして具体的にこうすれば
その状態は達成できると分かる。

しっかりとイメージが出来た。

こりゃーすごく淫靡な世界が
まっていますね。

期待がすごく出来る。
期待値高いぞ。

となれば。

これをやればその先にたどり
着くと分かるので、
期待値が上がります。

そうすると動きやすくなります。

ベースとなるコミュニケーションが
とれるならば、場所、企画、看板、
これを揃えれば今すぐにでも
結果は出るようになります。

そもそも自分自身への
期待値が低い場合は、自分への
期待値を上げるしかない。

見た目を整える。
コミュニケーション能力を上げる。
経験値を上げるなどなど。

ここのベースとなる自分への
期待値を上げていかないと、

そのためには、まずは簡単に
達成できる事からはじめて。

達成できる事に積み重ねて。
だんだんと自分自身への
期待値を上げていく。

このベースとなる自分への期待値がないと、
実際にこういった活動すれば
自分が望んだ女性は手に入りますよ、

でも結果動けない。

自分自身がそれを利用しても
自分への期待値が低いので、
上手くやれないだろうと思ってしまう。

方法は分かっているのに・・・

でもそれを使っても自分ではできない。

すると、動けない。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年10月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

行動行動とは言うものの。どうしても動けない心理。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

行動をしよう。
これは、最終的に、必要となります。
当たり前なのですが、行動化
されない限り、どんなに良いものを
学んだとしても、変化が起きる
事はないわけです。

が。

それができない人ってのが
大量にいるわけです。

この投稿の続きを読む »












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2013年4月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

マイナス行動を取らなくする方法



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

マイナス行動を取る場合の
原因を考えていくと、大抵は
自分に関する管理が低い。

もしくは、自分に対する意識が
低い場合に起こりやすくなります。

逆に言えば、自分に対して
意識が言っている状態の場合は
あまりマイナス行動を取る事は
少ないわけです。

この投稿の続きを読む »












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2013年3月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

決断力を上げるには、動きを止めてはいけない



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

俺達は、女性を獲得するために
地味な活動を日々行わないと
いけません。

そのためには、いつも、決断を
迫られる場面があります。

この投稿の続きを読む »












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2012年12月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

女性との関係が、深みにはまる仕組み



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

話題になっているお店があり、すごく
興味があるので、行ってみる事に
しました。

が。

この投稿の続きを読む »












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2012年10月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

まじめな人がモテない理由のある一面

人は、元来、良い面ばかりを
持っているものではなく
当然のように、悪の面も
多々、持っています。

まじめな人は、どんな時でも
良い人でなければならない。
人間として正しくあるべき。
と考えます。

この投稿の続きを読む »












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2012年6月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:行動学

このページの先頭へ