楓涼プロフィール30

女性には失礼なのですが、サークルで、色々と
連絡先を聞いた中では、最もレベルの低い女性でした。

「なるほど。これが、俺の現実ね。わかった。」

ここで、理解しました。
今の俺が、落とせる女性のラインは、このライン。
女性から見た俺は、今、コノぐらいのレベルなのか。

妙に納得です。
では、それを検証しようと思いました。

俺の大学生活は、女性に対しての仮説と検証の
生活だったといっても良いぐらいです。

そこで、考えました。
では、全部、このライン以下の女性をターゲットと
してみたら、どうのるんだろうか?

もし、この仮説が正しいならば、また同じように
簡単に、上手くいくんではないだろうか?

そこで、また試してみました。
感情が入らない女性に迫ってみました。

また上手くいきまいした。
それを数回繰り返しました。
どうやらこの仮説は正しいことが立証されました。

そこから、しばらく、このラインの女性に集中
しました。かといって、手を抜くのではなく
自分の中で、最高に女性をしませる事を念頭に
自分も楽しむ事を考えて、今できる精一杯の
楽しんでもらう接し方をしました。

たぶん、今、思えば、その時に、女性を楽しませる
ための要領を、量稽古を通して学ぶ。
この事を理解しはじめたのだと思います。

そこから、女性に楽しんでもらう接し方。
トーク、立ち振る舞い。
そういったものを学んでいきました。

が。

また、問題が出てきました。
俺は、散々、女性に迫ったといいましたね。
そして、かわいくない女性にも迫ったと
いいましたね。

つまり、使える枠は、ほとんど使い果たして
しまったんです。

これが、当初から考えていたサークルという
枠の限界です。
枠がある場合、例えば会社・習い事・サークル
こういった場所は、簡単に仲良くなる事ができます。

しかし、枠が決っています。

女性が10人いれば、チャンスは、最大10人までです。
しかも、その中で、好きなだけアプローチすれば
間違いなく悪評が立ちます。
もちろん、俺も女性からの評判は最悪だったと
思います。誰にでも手を出してくるクソ男。

当時の俺は、そう評価されていたはずです。
間違っても好意的な評価は無かったんだと思います。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール29

すごくシンプルなものでした。

誰でも実行できるすごく簡単なもの。

ただ、多くの男性は、これを避けている。

当然、俺もこの当時は、避けていました。

さて、その上手くいった、発想の転換は何か。

今までは、自分が、ちょっとでも
かわいいな。
この子と仲良くなりたいな。
付き合ってみたいな。

そういった感情を持てる女性だけを狙って
いっていました。
つまり、面食いだったわけです。

女性をルックスだけで選ぶ。

まあ、それはいいのですが、自分の価値を理解しないで
自分は、女性から見るといったい、どういった
位置にいる男性なのか。

それを理解する事なく、ただ、自分の欲求通りに
かわいいレベルの女性にばかり、アタックして
いたのです。

本当に本当に、初歩的なミスをしていたのです。

自分の価値を知らない。
価値を上げる努力をしない。
女性の方が、基本的に男性よりも価値が高い。
(生物的な目線での意味)
女性と男性のくっつく方程式をしらない。

などなど、今の俺となっては、知らないと
恋愛というスタージに立つ事すらままならないと
思っているような事を何一つ知らない状態で
ただただ、闇雲に女性に、襲いかかっていたのだと。

考えると、本当に無鉄砲な事を繰り返していたなと。
よくアレだけの罵詈雑言に耐えられたなと。
今なら、耐えられないと思います。
それぐらいに、若い時のバカは、すごい力を
持っているんですね。

あと、止める事ができない、尽きる事がない。
自分自身でもキツクなるぐらいの性欲ね。
迷惑極まりない、あの性欲ね。
超迷惑。
いらない。あの自身を狂わせてしまうんじゃないか
というぐらいの、欲。

10代~20代の前半の性欲は、モンスターです。
今は、落ちてきて、やっと余裕というものがある
状態で、もう一回あの当時の欲を、プレゼント♪

といわれても、断固拒否します。
生活の中心が、それだけになります。

だから、俺の大学生活は、全部、女性との出会いを
作る作業だったんですから(-ω-` 😉

で、その発想の転換を行ったわけです。

「タイプとか関係ない女性」

ここをターゲットに加えたのです。

その途端に、落とす事に成功しました。

「あれ?」

と思うぐらいに上手くいきました。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール28

もちろん、その中でも、俺は最大限の動きはしたつもりです。
的はズレているものの、良く動きました。
サークルメンバーの女性を集めては飲み会をやって
襲っては、

引かれる(-ω-` 😉

また襲っては

引かれる(-ω-` 😉

しまいには

「私、○○先輩が好きなの」

「私、○○先輩と付き合っているの」

「あなたは、無い。」

「あなたは、ヤ○事ばかり考えてる!」

などなど。

多種多様な断られ方をしました。
何回、このやり取りがあっただろうか。。。

そして、この時の、散々な言葉をもらって(?)
傷つき、傷つき、でも、そんな事を言っている余裕も
なく。なんせ、傷ついても、それよりも何よりも
女性と、○リたい。

その気持の方が、圧倒的に強く、やっぱり
男性にとって、「性の力」は、何よりも強いです。

この傷つく経験の繰り返しで、「断れる」事にたいしての
免疫がついていきました。
そして、ちょっとづつですが、断られる事が
「どうでも良い事」
になっていきました。

そんな生活を繰り返していく内に、やっと、本当に
やっと、ある地点に到達しました。

それは、ある時に、フッと、上手くいったんです。

「あれ!?すごい上手くいった。。。」

女性が、今まで散々フラれてきたいて、失敗するのが
当たり前、罵詈雑言もらって、当たり前。
そんな状態だったのに、ある時に、アッサリと
女性を落とす事に成功したのです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール28

もちろん、その中でも、俺は最大限の動きはしたつもりです。
的はズレているものの、良く動きました。
サークルメンバーの女性を集めては飲み会をやって
襲っては、

引かれる(-ω-` 😉

また襲っては

引かれる(-ω-` 😉

しまいには

「私、○○先輩が好きなの」

「私、○○先輩と付き合っているの」

「あなたは、無い。」

「あなたは、ヤ○事ばかり考えてる!」

などなど。

多種多様な断られ方をしました。
何回、このやり取りがあっただろうか。。。

そして、この時の、散々な言葉をもらって(?)
傷つき、傷つき、でも、そんな事を言っている余裕も
なく。なんせ、傷ついても、それよりも何よりも
女性と、○リたい。

その気持の方が、圧倒的に強く、やっぱり
男性にとって、「性の力」は、何よりも強いです。

この傷つく経験の繰り返しで、「断れる」事にたいしての
免疫がついていきました。
そして、ちょっとづつですが、断られる事が
「どうでも良い事」
になっていきました。

そんな生活を繰り返していく内に、やっと、本当に
やっと、ある地点に到達しました。

それは、ある時に、フッと、上手くいったんです。

「あれ!?すごい上手くいった。。。」

女性が、今まで散々フラれてきたいて、失敗するのが
当たり前、罵詈雑言もらって、当たり前。
そんな状態だったのに、ある時に、アッサリと
女性を落とす事に成功したのです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2006年1月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

楓涼プロフィール27

まず、何をおいても、このセリフが使えます。

「送っていくよ。」

これです。
これだけで、二人きりになる理由は作れますし
自由になる空間を造れます。

そして、車に女性が、乗った段階で、主導権は
男性になります。
この瞬間に関係性が決定します。

主導権⇒男性

となり、ここがデカイ。
車を持っていない、俺達新人1年生は、この最強の
武器を持つ事なく、他にも細々とした先輩方は
持っている武器も何もない状態で、戦わなければ
ならないのです。

M森
Y田

といった、とんでもない男性としての魅力の
スペックを持っている奴らと一緒に居た時とは
違う感じで、こういった先輩達との
男性としての魅力の違いを受け止めました。

というのも、M森・Y田というのは、どうにも
埋まらない男性としての差があるように感じたのですが
先輩達との差は、そう対したものではない。

意識的に、揃えられるものである事が良くわかった
のです。ただ、現状、この段階では、先輩達に
太刀打ちできない事も、肌身で感じてわかりました。

女性が男性に魅力を感じる要素を、先輩達は
多くもっており、それを表現できている。

俺達新人は、女性が男性に魅力を感じる武器を
持っていないし、それを上手く表現できるすべも無い。

年齢というのは、女性にとってみて、思いのほか
大きな影響を与えます。
特に、学生の頃は、学年の差が明確にわかってしまう
ので、先入観として、

「年上」
「同級生」

とした位置づけをされてしまうので、出会った瞬間
から、先入観を持たれる事になってしまうので
新人1年生の時には、同じ学年の新人1年生の女性には
完全に不利になります。

これは、このサークルの中で、繰り返し繰り返し
女性との接触を繰り返していて、わかってきたのですが
ほぼ100%の確率で、新人1年生は、先輩に魅力を感じ
ます。例外はほとんどありませんでした。

これは、男性女性ともに、まだ10代であったり
20歳もそこそこ。

ですから、お互いに、何に異性としての魅力を感じるのか。
この指針さえも定まっていないようなガキですから
そういった先入観などに大きく影響をされてしまう
わけです。

そこで、サークルの入っても、新人1年生の段階では
先輩にどうあがいても、勝てない。
この現実も、良く理解させられました。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール26

こんなに激しく、ノリが良い飲み会は初めて。
そう思うぐらいに、盛り上がり。

「あー、こんなに楽しい事が、世の中にはいっぱいあるのか…」

田舎から出てきた俺には、楽しい事ばかりで
どれもこれも、新鮮で、大学の生活は、楽しい事が
色々と待っているんだろうな。

ますます、今後のワクワクが止まらない状態に
なっていきました。

いや、本当に楽しいんですよ。
たぶん、今でも、このサークルの飲み会に参加したら
楽しいと思います。
田舎特有のゆるいノリが、俺には合っているんだと思います。

新歓コンパは、2次会3次会4次会と、続き。
昼近くまで続くのですが、その頃には、新人は残って
いませんが、俺達は残る事にしました。

楽しいから、帰るのが嫌だっただけなんですが。
すると、この日だけで、先輩方からは、覚えてもらえて
ある意味、すごくやりやすくなりました。

その後も、飲み会は、頻繁にあり、それに伴って徐々に
参加する人数も少なくなっていき、サークルメンバーが
絞られている感じです。

で、俺は、先輩達のやり方を見るわけです。
ここで、どうやって、女性達と知り合うのか。
どういあって、エ○事に持ち込むのか。

サークルに参加したのも、結局、女性との出会いの場を
作る。と、仲間を作る事がメインですから
そういった点をシッカリと、学なばなければなりません。

まず、先輩達が圧倒的に、新人に対して有利なのは
「先輩」
であるという立場でした。

先輩である事で、場慣れをしている事が
新人の女性達から見れば、その点が余裕に
見えるわけです。

そして、その余裕が、男性的な魅力へと変換されて
いきます。
さらに、数年間先に大学生活を送っていますから
遊びの幅も広い。

話のネタも豊富。
お店も良く知っている。
アルバイトをしているので、ある程度、自由になる
お金を持っている。

そして、ここが、一番大きな差だったのですが
「車」
を持っている。

ここ片田舎では、車は、最強の武器になります。
実のところ、一人暮らしよりも何よりも、最強の武器に
なるのは、この車でした。

この差は、どうにも埋められないぐらいの
圧倒的な差を感じました。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール25

部長は正直、かなりの重荷なんです。
かなり仕事があるんです。
そうなると、ナンパの時間が削られる。
これは、どうしても避けなければならない事態なので
なんかとか、粘って粘って。

それでも、部長になりそうな勢いでしたので。

そこは、駆け引きとして、部長という立場になるのだったら
俺の最も大切にしている活動に支障をきたすので
「やめる」という意思を表示しました。

恩返しはしたいが、もっとも大切にしている活動に
支障をきたす程の、労力は使えない。

まあ、自分勝手ですな。(-ω-` 😉

さて、新歓コンパの話しの続きですね(^^;

次々に来る、人・人・人。
ハッキリいって、良くわかりません。
実際、人数もいったい何人いるのか。
100人以上は、間違いなくいるでしょうが、200人いるのか
どうなのか。とりあえず、多い。ひたすら多い。
という感じでした。

女性も、多く3~4割ぐらいは女性でしょうか。
しかも、多くは新人の1年生です。

とりあえず、俺は話しをして、仲良くならない事には
始まらないと思ったのですが、女性よりもまずは
男性。

今後、ずーと付き合っていく事になるかもしれない人達
なので、仲良くなっておかなければなりません。

ただ、もうある程度、仲いい奴は仲良い状態に
なっていたので、
後の相方と言える存在になる

H川
H村

そして、他にも重要な仲間になる

T橋

などが、もうこの段階で仲良くなっている。
ただ、まだまだ、友達は増えるだろうから、特にサークルに
入ると、他の大学の友達も増えるので、なるだけその輪を
広げておこうと思った。

…まだ、この当時は、自分が、こういった次々に人脈を
広げていく事を得意とするタイプではない事に気づいていない。

その後、新歓コンパは、えらい盛り上がりを見せた。
今では、一般的に、危険行為と認識されているイッキ。
これがこの当時は、まだまだ盛んに行われており
このサークルでも、例外なく、順次、新人が行わされていく。

が。
このサークルは、新人が拒否をした場合、先輩が
それを飲むという、ゆる~いノリなので、先輩が勝手に
つぶれていくという、面白い形になっています。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール24

■サークル編

その段階では、サークルの方も動きだしていました。

サークルの方は、勧誘の期間があり、ある程度、落ち着いた
時期。5月ぐらいの頭になると、サークルの新人歓迎コンパが
あります。

俺の大学は、規模は小さいので、大きな大学ほどの新歓コンパの
人数にはなりませんが、それでも、人数は、ゆうに100人以上はいる。
そういった新歓コンパになります。

俺の入ったサークルでは、会場はいつも決っているようで
居酒屋の大広間になっており、座敷です。

会場に行くと、当時の俺からしてみると、新鮮かつ、圧巻される
風景でした。こんな人数で、飲み会をする事が始めてなのです。

マイクで、部長がしゃべり、その他、幹部の人が、サポートしながら
着々と、整理して、進めている。
その風景が、やたら大人に見えて、こんな人数を上手くまとめられる
って、すげーな。

そんな風に、その先輩方を見ていました。
色々なイベントものが用意されており
入口では、名簿でのチェックなどがあり、良い意味でちゃんと
システム化されています。

その時は、まさが、自分がこのサークルをまとめる側の
人間になって、マイクを持って、話をするようになるとは
夢にも思っていません。

のちのちの話なんですが
結局、俺はこのサークルの副部長になったんです。

最初は、部長という立場をゴリ押しされたのですが
その頃になると、俺はもう、女性との出会いを自由に得られる
ようなスキルをみにつけており
自分の自由になる時間は、すべてそこにつぎ込んでいました。

正直、サークルは、もういいかなって思って
いたのですが、なんか、それは、ちょっと違う気がして。
色々と学ばせてもらうだけ、もらって、

「はい、さよなら」

は、どうかと。
いったい、どれだけの事を、このサークルから学ばせて
もらったか。
正直、今でもサークルから得た知識・スキルは
使っているぐらいです。

あの当時の経験があるから、その後、色々なサークルを
立ち上げる際に、役立ったぐらいです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール23

その時の経験は、その後の俺に莫大な影響を与えました。
どういったファッションが、女性ウケするのか。
それを、良く実感できたのです。

ここは、かなり大きかった。
この気づきをもらえなかったら、自分だけの
考えのファッションへのこだわりで、全然前に
進めなかったと思います。

本当に今、振り返れば、ただのデザイナーファッションです。
俺が当時、おしゃれだと思っていたファッションは。
今見ても、おしゃれだとは思います。

ギャルソン
Y‘S
ビビアン・ウエスト・ウッド

そういったものを好んできていました。
うん。こういったものを着てナンパしている人って
そういえば、見ないですね。

でも、自分が欲しているタイプの女性には
全くウケません。ちょっと考えれば到達するような
部分にも、考えは全然到達しませんでした。

マッチング。
これを全然考えられなかったのです。
人は、表面上にも、自分の趣味趣向を表現している。
これに気づく事ができなかった。

こういった当たり前の事を、当たり前に
教えてくれる人がいれば、俺の成長は、何倍も
何年も短縮されて、大学1年生の時から、全力で
走る事ができたのになと…

まあ、そういった「誰か教えてくれる人」。
この気持が強いから、結局、俺は今、そういった事を
まだ理解できていない男性に向かって、情報を配信
しようと思ったので、結果オーライではありますが。

徐々に、M森やY田との合コン遊びの回数は
減っていきました。

良い意味で、俺と彼らとでは、現段階でのステージが
違う。中学生レベルの野球レベルなのに
プロ野球の試合に出ちゃっているような感じ。
太刀打ちできるわけがない。

だから、俺は修行をしなければならない。
そう感じるようになりました。
そして、もし、いつか、俺のレベルが上がって、
奴らのレベルについていけるようになったら。

またY田に、読者モデル合コンに連れて行って
もらおう。そう心に強く決めました。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


楓涼プロフィール22

もう異次元の世界が、そこには繰り広げられる
わけです。刺激が強すぎです。

またあるときは、読者モデルの集まり。

ベラボウにスタイルが良くて、足なんか俺の腰まで
あるんじゃねーかと。

もう、俺は合コン中も、プルプル震えるしかありません。
しかも、Y田メンバーのそのノリたるや。
完全に出来上がっている合コンのシステムでした。

流れがあり、ノリが決っており、掛け声も決っている。
ただのホストじゃん。
全体がそういった感じ。

やつらは、ただのプロフェッショナル軍団でした。
ここの能力も高いうえに、合コンのチーム戦は
チーム戦と心得て、その中での最も要領の良いと考え
られる手法を繰り広げている。

今、思い返しても、ちゃんと考えて組み立てて
いるなという事が良く伝わります。

まあ、俺にどうこうできるレベルの場ではない。
やっぱり震えるしかない。
ただただ、寂しい気持を抑えるしかない。

で。

(ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;・’

こんな心境。

もう、ヤ○たい。とか、そういった欲望は、かき消されます。
ただただ、あまりの別世界に。

「ああ…。消えたい。今すぐに消えたい。」

自分を成長させるためにも、とおもって参加を続けました。

Y田も、たぶん俺を成長させてあげたい、
と思ってくれたのでしょう。
なんか、Y田は、俺に気をかけてくれるのが伝わって
いましたから。

その後も、何回も何回も、合コンを開いてくれました。

ただ、俺の精神面も限界を向かえて、自尊心が、完全に
崩壊していく気がしたので、Y田には、感謝しつつ
本当に感謝しつつ、ちょっとづつ、合コンへの参加を
減らしていきました。

Y田は、大人ので、それを汲み取ってくれて、特に
何を言うわけでもなく、合コンは開催しなくなっていきました。

ただ、一緒に野郎同士で飲む。
こういった形に切り替えて言ってくれました。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


このページの先頭へ