Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zyoseisinri/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
「2011年9月9日」のアーカイブ | 恋愛・女性心理研究所
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

浮気をされない男になる方法。

浮気をされない男になる方法。

という話をします。

女性で、浮気をしている人は、少なくなりません。
実際にナンパをして、話をしてみると人妻という
ケースは、少なくなりません。

※ギャルが圧倒的に多いです。
ギャルは、女子力が強い分、男性の質を見極める点が
弱いので、若い年齢で、妊娠結婚をするケースが
多いため、ナンパすると人妻というケースが
良く起きます。

そういった女性と話をしていると、浮気をしている
女性は、非常に多いという現実が分かります。
もちろん、ギャル系の友達は、ギャルなので
その傾向が高くなるのは、当然ですが。

※ギャルが貞操概念が低いという事ではなく
共通性が高い男性に対して、極端にハードルが低く
なるという特性を前提に話をしています。

つまり、女性は浮気しないもの。
という男性の願望は、今の世の中にはあまり通用
しなくなっています。
そもそも、この考えは、かなり昔の時代から
引き継がれているもので、そのベースになる考え方は

女性は、男性が働いてきて得た収入無しでは
生きていけない。
という環境にありました。

その為女性は、家で、家庭を守り、男性から切られる
事をおそれ、浮気などという事はしない。
(もちろん、そのような状態でも、浮気はするのですが)
という“お約束”的なものとして、存在していました。

現在は、そういった状態では、無くなってきており
男女共に、ある程度、社会的な意味では、平等に
近づいているかもしれません。

そのため、女性は、浮気をする確率が高くなって
きていると考えらえられます。

では、そもそも、なぜ、女性は浮気をするのでしょうか?
その浮気相手との間に、金銭の取引が無いのならば
女性のメリットは、何か?

心の満足かもしれませんし、普段では得られる事が
できない刺激かもしれません。

根本的な欲求としては、優秀な遺伝子を提供して
もらう。これが、生物としての欲求だと考えられます。

もし、夫や彼氏が、十分な男性的な魅力があるので
あれば、女性が浮気する確率は低くなると考えられます。
生物的な欲求が満たされていると考えられるからです。

しかし、そういった良い条件の男性は、手に入れるのが
難しいです。そういった男性は、それ相応の女性を求めます。
そのため、女性は、そういった男性を手に入れる事が
いかに大変である事を理解します。

その結果、自分の価値と同じぐらいの男性を選ぶ事になります。

女性が満足いく男性と、責任を持った関係を持つのは
無理だとしても、そういった関係でなく、カジュアルな
エッチであるならば、女性は、その欲求を満たす事が
できるのです。

そのため、夫からは、生活の保障や安心をもらい。
浮気相手からは、より優秀な遺伝子情報を貰う。という事を
行うのです。

そういった心理が働くため、女性は、浮気をすると
考える事ができます。

これが、俺の考える女性の浮気の一つのメカニズム
だと思っています。

では、どうやったら、あなたは、女性に浮気をされないのか?
それは、、、

だいぶ、後ろ向きな話となりますが

女性に満足してもらえる自分になるか。

自分よりも、魅力が低い女性を選ぶ事

となります。
後者の方が、圧倒的に楽です^^;

俺のオススメとしては、自分の限界まで魅力を高め
その上で、魅力バランスが、少し下の女性を
選ぶ事ができると、男性の立場から考えると
とても自分に良い環境を作る事ができます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ

2011年9月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ