女性に媚びる必要はない。追う必要もない

私達は女性に媚びる必要はないですし、
女性を必死に追う必要もないです。
女性から連絡が無くなったからといって

何回も

「今度会える時間無い?。」

と連絡を入れる必要は無いです。

連絡が返ってこない段階で、それはもう
会う気分じゃないから。
という意思表示だから。

私は日ごろから、女性に向かって自分が何が
出来るのかを考える事が大切という
お話をしてきました。

女性に興味を持たれるために、自分がどういった
事が表現できるのかというのは大切だと
考えていますし、表現できる内容によって
大きく結果が変わっているからです。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年5月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女遊び

あなたは自分の好きな女性遊びの方向性を知らないかも。/その2

昨日の近しい所の話をしたいので
ちょっと違う角度からの話になりますが、

その2

となっています。

自分にとって必要な活動か
活動ではないかも、自分でちゃんと
感じる事が大切なんです。

例えば私の生活の中で非常に
分かりやすいパターンは、
トレーニングがあります。

あれって、別に

「ちょー楽しい~
欠かせない趣味なんだよねー。
行くのがワクワク。」

って思う事じゃないんです。

「面倒・・・。
面倒・・・。」

でしかないんです。

ので本来ならば行かなくて良い
ならば行きたくないぐらい
なんですね。

行き帰りなどの時間も含めると
余裕で2時間以上の時間は
取る事になるので。

じゃーなんで。
となると、そこには語り切れない
程の膨大なメリットがあり過ぎて。

という面と。

私の中では、生活のノルマに
なっているので、週2回は
こなす事が自分との約束なので
約束やぶると、自分への
信頼感が下がるのでやるんです。

で。

その後に大切な事なのですが。

じゃーそれだけ面倒だし
自分との約束なので・・・

で行きますよね。

終わりますよね。

で、その時に自分がどう感じて
いるのかってによーーーく
感覚の焦点を当ててみてください。

で、自分に聞くと。

「行って良かった。」

がほぼほぼ100%。

(たまにこの体調でいったら
風邪ひくよ。と感じてもノルマを
優先して行って。で翌日風邪に
なる事があるので、たまに
失敗します。)

って事で行った後に自分の気持ちが
どうなるかが大切。

(と昨日のお話ともここがリンク。)

つまり、具体的なメリットも
死ぬほどあるのですが

自分の気持ちとしても
結果からみると、行った方が良い。
ならばこれは自分にとっては
必要な活動になるんです。

では。

別の角度から。

人づてのあまり仲が良いよ。

と言えない関係の人から誘われた
女性もいる飲み会・合コンにより
近い形のもの。

これって一見すると楽しいように
感じて何回も何回も参加して
きたのですが、、、

結果は、そうでもない。

別に開催している人とか
そういう事じゃなくて、
多分私の飲み会的なものは、

仲間がいて、それで楽しくなる
ものっぽいので、遠い関係の人
と女性をメインにした飲み会を
しても楽しくないっぽい。

って事でその系統の飲み会は
あまり私には必要性はない。

だったら所属しているコミュニティ
で、おっさん達と飲んでいる方が
楽しいと分かる。

これは何回も参加して、その時の
結果の気持ちから判断をしていきます。

自分がその活動を好きだろうか。
面倒だな。
面白くなさそうだな。
と思っても実際は違う事が多々
ありますから、自分を通して実際に
何回もやってみる。

忘れてしまいそうならば。
簡単に通信簿のように5段階
評価とかにすれば良い。

自分にとって結果良いと思える
通信簿になったものは
自分に採用をしていく。

自分にとって必要な事、
自分にマッチしている
遊び方なども分かっている
遊びも分かってきます。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年5月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

このページの先頭へ