男性の考え“自分は若い時からそんなに魅力は落ちていない。”

男性の持っている自分への認識として、

“自分は若い時からそんなに魅力は落ちていない。”

と、とらえてしまう傾向が非常に高いです。

女性側はそうではありません。女性側は自分の年齢と自分への価値という
ものを男性と比べて格段に的確にとらえます。

男性には第三者から見た形として判断する能力が低めのために、
特に何もしていないにも
関わらず自分の魅力は、若い時のままだと思うんです。

そういった判断をしているために、悲劇が起きます。

この投稿の続きを読む »





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年7月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:新世界

女性とのトラブルを減らす、かなり有効な一手

例えば、女性にちょっと触れて

「ちっ、触ってんじゃねーよ。
セクハラ野郎。」

って思われる場合と、

スルーしてくれる場合があります。

この差は、完全に女性の感情・感性です。

女性が自分に対してのプラス気味の感情がまるで
無いならば触ってはいけないんです。

最近のセクハラ問題などはそれをスルーしまくって
いる男性が主に起こしていると思っています。

では、その女性の感情を少しでも良くするには
どうしたら良いのかとなると、まずすごく
有効なものからおさえます。

女性の好みに近いように自分を作る。

女性とのトラブルを少しでも減らす上で
もっとも有効性がある対策って実はこういった
すごく簡単な部分です。

この投稿の続きを読む »





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年4月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:好かれる方法

ヤレる男性は〇〇〇〇がスルドイ。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
この女性にはどこまで
踏み込んで良いのかの
センサーの差で、
セクハラ。
セクハラにならない。
の男性の差が生まれる。
というのが前回までのお話。
 
セクハラ親父。
と言われる男性に
見られる感じとして
こんな感じがあります。
 
どこまで踏み込めるのか
を感じ取る。
 
という作業をするのが
面倒だと思っている。
 
だから自分のやりたい事を
やりたいようにやる。
そりゃだめだ。
面倒な事。
それが女性とのかかわりを
持つ事なんですから。
 
面倒だと思ったら。
そもそも女性と関わらない
方がお互いのため。

この投稿の続きを読む »





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年10月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:内側の感覚

ヤレる男性は〇〇〇〇がスルドイ



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
同じ話をしても、
ある男性はセクハラ
と言われる。
ある男性はセクハラ
とは言われない。
 
この差はどこに
あるのだろうか。
 
後者が女性にモテる
男性で、ヤレる男性ほど
このパターンに
該当している。
 
なんででしょうか。
これが非常に大切なんです。
 
これは女性によって、言葉を
使い分けているからです。
 
この女性はこの言葉を
言っても大丈夫だな。
 
この女性にこの言葉
言ってはダメだろうな。
 
この判断をしていく
“センサー”
この感度が良い男性ほど
セクハラとは言われなく。
 
このセンサーの感度が
低い男性は、セクハラ
と言われてしまったり
するんですね。
 
この感度の低い男性はある事を
これまでにやり続けて
こなかったからなんです。
 
それをやらなかったから
今現在のそのセンサーの
感度が低くなって
しまっているわけです。
 
それはすごく大切な事。
 
この女性は、
『どこまで踏み込んで
良いのだろうか。』
 
都度都度、自分で
女性と対峙しながら
感じ取っていくという
習慣です。
 
この行動の繰り返し
によってしか、
対女性のセンサーというのは
強化される事がないんです。
 
これってオスとしては
非常に重要な事。
 
どこまで踏み込んで良いか。
というのを知るのは
何に関係しているのか。
 
要はこの女性はどこまで
この段階では手を
出しても大丈夫だろうか。
 
この感覚と同一線上
にあるものなんですね。
 
だから早い段階から女性に
興味をもって。
 
その女性とやりたい。
 
と強く思っている男性ほど。
 
今、目の前にいる女性に
どこまで踏み込めるかを
推し量っているんです。
 
これがセンサーです。
言葉だろうが。
行動だろうがか。
どこまでいけるかを
感じ取りながらいかないと
失敗ばかりになって
しまいます。
 
続きます。
 





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2016年10月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:内側の感覚

このページの先頭へ