改めて女性のメリットという言葉を考える

私は良く女性のメリットについて
を考えましょうという言葉を
使います。

ですがこれを対女性用に改めて
考えると、上手く考えれないのが
一般的です。

もし女性のメリットをすぐに的確
に考える事ができるのであれば。

もう今頃、楽勝だからです。

女性側はこういった事を提案されたり
こういた誘われ方をされたり、
こういった男性として表現をされたり
すると、強いメリットを感じるんだ。

ってわかっちゃうんであれば、
もう今ごろ、それをやってますもの。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年6月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

女性をひたすら追うのは大変。/その3

インターネットでは女性側は、
ちょっと活動をスタートしたら
男性からのアプローチ自体には
困らなくなります。

よって。
オフライン以上に塩対応が
多くなるのが必然的な
流れになります。

というのが前回までの話。

すると。
男性側は考え方の変化が必要だな。

って思うんです。

俺がしたいのはこれだ。

これが通用しずらくなる。

視点を自分から女性に変える。

女性が求めている部分に自分が
踏み込んでいかなければならない。

あくまでも主体は女性。

主体は自分じゃない。

インターネットでの女性獲得活動
を考えていくとこの形に
なっていくと思うんです。

女性の中で、3割の女性が男性の
こういった要素を求めています。

と言っているとします。

男性の7割がそれを出来るとする
と、それを提供した所で
結局男性側が余ります。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年11月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

女性をひたすら追うのは大変。/その2

IT革命で女性へのアプローチの
方法が変わってきた。

特定少数の女性をターゲット。

から

膨大な数のターゲット。

に変わった。

が前回の話。

そうすると、狙い撃ちをする必要が
なくなります。
というか、狙い撃ちの確率がさらに
悪くなります。

詳しくはのちほど。

基本的には男性と関わるかどうかを
最終決定するのは女性側という
のは同じなのですが。

女性が男性に反応するかどうかを
決定するのは、女性側が男性に
興味を持つかどうかに
関わるわけです。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年11月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

女性をひたすら追うのは大変

女性を手に入れる場合というのは、
男性が女性に向けて積極的に
活動をした結果として。

手に出来る。

これが結構一般的な考え方だと
思うんです。

学生時代とかは、一部のモテる
男性以外は自分から傷つく事を
前提で動かないと何も手に入れる
事ができないという状態
でしたから。

少なくとも俺の学生生活では
それが普通の考え方でした。

女性に興味を持ってもらって、
女性から明らかに

「あなたに興味ありますよ。」

なんて感じて接せられている男性を
見ていると、

あいつ、すげーなー。
モテるなーいいなー。

ってずーと心の中で思っていました。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年11月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

このページの先頭へ