こんな時は、相手の『感情』を最優先にする。/その5(完)

論理側がその場で相手に合わせると
なんか、論理側ばかりが
損をしているような気がする。

そういった気持ちになる。

が前回のお話。

理解する事で、自分の役割という
事が理解できるようになります。

相手側が出来ない事を出来る側が
やるしかないのが、人間関係です。

だからどこかでお互いに依存をして
いきていく事になるわけです。

感情論側は、それをフォローして
もらえるから心地よく感じますし、
この人ならば理解してくれる
という気持ちを持ちやすくなります。

感情論側に感情をぶつける事で
得れるメリットは無い。

あるのは自分の感情の発散が
できるというだけです。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年10月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

こんな時は、相手の『感情』を最優先にする。/その4

相手側が感情論で来た場合。

こちらが論理側な場合。

論理側がその場で相手側に耳を傾ける
方がより良い展開にする事ができる。

というのが前回までのお話。

こういった舵取りをする側は、
自分の中で、現状を理解をしていく
という考え方を持っている側になります。

なぜ今、相手側はこういった状態になって
いるのだろうかを考える。

考えられる。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年10月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

こんな時は、相手の『感情』を最優先にする。/その3

場面コントロールは、
論理・正論側がする方が良い。

が前回のお話。

自分の話の正当性を第一に考えるよりも、

「もしかして、今、目の前の相手は
感情を最優先にして考えて
いないだろうか。

何かこっちに求めてない?。

悲しい気持ちが怒りの感情へと
変わってないか。」

って所を疑ってみて、その目線で
考えてみると良い。

特に論理が破綻しているような事を
大きな声で話出している場合。

話をしていると、さらに破綻をしてきたり。

たぶん、もう本人も自分で何を
言っているのかが分からなくなって
しまっている。

だからその場面で、正論を投げても
もう何も入らないから。

ましてや話での矛盾点を指摘すると
さらに暴走するから、これ禁じ手。

この場面から、舵を取り直す
事ができるのは、論理・正論側に
なると思っているんです。

ただまたここで難しいのは。

論理・正論側は自分が正しい。

相手側の話に矛盾が多すぎる。

という気持ちが強くなってしまうので。

実際に話自体は正しいから。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年10月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

こんな時は、相手の『感情』を最優先にする。/その2

相手側が感情をメインに話を
している場合は、正論を言うと話が
お互いに全く通じなくなる。

特に感情をメインに話をしている
方は、自分の気持ちを話しているのに。

それにマッチした返しが来ない事に
イライラしか募らない。

それどころか、自分をひたすら攻撃
しているように感じる。

敵である。
とすら感じかねない。

正論を言う側は、感情で話をしている
人の核を見誤る。

正論側は、話の全体を正しくしようと
するから、相手の感情は見えなく
なってしまいがち。

そして。

「感情側の間違っている点を論破
しようとしはじめる。」

こうなると、さらにエスカレートする。

感情で話をしている側は、

自分の気持ち

を話をしているから。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年10月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

こんな時は、相手の『感情』を最優先にする。

これは本当に良くあるケース。

かつ、

人間関係に深刻なダメージを与える
ケースだったりします。

例えば、一人の男性がいて、

その男性は長年女性と付き合っては
別れてを繰り返してきて。

自分の親・姉。

などから、

「はやく結婚をしろ。」

そして年齢が上にいくにしたがって、

「もう誰でもいい。
結婚はシステムみたいなものだから。」

と言われる。

で、この女性と・・・。

と思える女性が出来て。

が。

男性側の年齢はすでにそれなりに
高い年齢になっているから。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年10月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:考え方

成長と気づき。/その2

今まで見てきて、色気がある中年男性で
他の女性の存在がまるでない男性は
存在していません。

これは、

“自分に課しているテーマ。”

“自分の役割のイメージ。”

が関係している。

というのが前回までのお話。

誰だって自分に課しているテーマ。

自分の役割のイメージを

持っていないと、活動ってできない
ものなんですね。

対女性活動で必要なものの一例として。

自分をなるだけ綺麗な状態に保つ。
体型であったり、ムダ毛であったり、
肌質であったり。

ファッションも綺麗な状態を保つ。

そうなってくると、個々にも
それなりのやり方があり、
効果的なものと効果的ではないもの
があるわけです。

そういった事を、やっていくと
思うとそれまでに意識していなかった
男性だと、聞いただけで

「死ぬほど面倒だし大変そうだし。
だったら今のままで良いわ。」

って思うんです。

それが自然です。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年4月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:レベルアップ

成長と気づき

対女性を意識すると、やらなければ
ならない事があって、

面倒でやってられない。

っていう人が結構います。

アンチエイジングの話になって。

(この男性は女性獲得活動をする事を
前提でアンチエイジングの話を
していた訳ではありません。)

この前提を含めて。

「っていうような活動をしていると、
結構、いい感じで整いますよ。」

っというお話をしたんですね。

ご本人は、結構なメタボでいらっしゃった
ので、それをどうにかしたい。

そう思っていたようでしたので。
お話をしたのですが。

全体を聞いて、

「うわーーーっ。
だったら、今のままでいいわ(笑)。」

・・・ですよね(笑)。

全然不思議じゃない。

理由付けが違うからです。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2017年4月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:レベルアップ

洗脳される中年男性達



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
なんで、こんな事をしたのか。
回りの人から見たら、全く
理解できないような事を
してしまった中年男性達。。。
 
なんで、そうなる前に
逃げないのか。
逃げ出そうと思ったら
余裕で逃げ出させるのに。
 
取り込まれて、手足となって
使われてしまう。
 
こういった状態になってしまう
男性というのには、ある種の
共通点があったりするみたいで。
 
そのの1つとして。
 
自分って、どんな感じで
生きてきたのか。
 
これが、スラスラっと
自分の中で、イメージができない
タイプの男性。
 
つまり、その場面その場面で、
流されるように生きている。
 
核の流れが無いから、
どうしても、強い流れを持った
人が現れると、その流れに
飲みこまれてしまう。
 
その強い流れに飲み込まれている
と、場面でしか生きてこなかった
人には、ちょっとした
居心地の良さすら感じるように
なってきちゃって。

この投稿の続きを読む »









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2014年11月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:コントロール

このページの先頭へ