知らないものは、分からない見えない察知できない。/その2

これは以前も少しお話をしたのですが、
男性は男性が見たいようにしか女性の欲している
ものを見る事が出来ませんし。

自分が欲望をしている形を、女性にも投影されて
自分がこれに欲望をするのだから、

“女性もこれに欲望をするはずだ。”

という形でしか女性の欲望をとらえる事って
できないんです。この形は誰でもそうです。

自分にある感覚を元にしか、相手の欲望を
想像をする事が出来ないものなんです。

ですから、ほとんどの男性が女性の性癖に
上手にマッチした活動を女性に向けて
提供できる。

表現自体をマッチさせる事ができる
って難しいと思うのです。

どうしても男性目線で女性に向けて
表現をする事になるからです。

そしてその男性目線について、基本的には
他の男性の欲望を知る場所と言えば、

友達とそこまで深い話をする事もあまり
ないのが一般的ですから。

メディアとしてのアダルト関係。

主にAVからの刺激された事をベースに
して判断をしていくしかないわけです。

この投稿の続きを読む »






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

タグ


2018年3月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分の内側

このページの先頭へ