〇〇の重要性が意識できてるか?。再確認テスト。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

あなたは友達の結婚式に
参加をしてきました。

 
と想像をしてください。
では、その結婚式の
感想をいくつか思い浮かべて
ください。
実際に近々に参加したならば
その結婚式を思い浮かべて
みてください。

 
最近は参加していないという
場合は、印象に残っている
結婚式を思い出してください。

 
では。
どうぞ、頭の中に浮かべてください。

 
で浮かんだ事ってこういった
内容ではありませんでした?。

 
花嫁さん綺麗だったなー。

景色すごい良かったなー。

ミッキーが登場してすごかったな。
(これ俺の仲間の例w )

ドレスが珍しい色だったな。
ドレスが派手だったな。

 

などのように。

 

「見たものの印象がほぼ100%。」

 

じゃないですか?。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年12月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ルックス論

(2/2)女性から好かれるための標準化の必要性



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

男性アナウサーが典型的な
標準化されている形。
という話を前回しました。

 
もちろん、彼達は、人様から
見られる職業なので、
ルックス面も考慮にいれて、
選ばれていると思います。

 
ただ、努力しています。
年齢が40代になっても、
太り出す人は、少ないです。
太らないタイプでいいな。

ではなく。

太らない選択をしているだけ。

 
人間のメカニズムを考えれば。
太らないのは、一部の男性
だけで、他の人は、
ほとんどが太ります。

この投稿の続きを読む »

タグ


2014年12月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ルックス論

(1/2)女性から好かれるための標準化の必要性。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

標準的な恋愛活動。
彼女を作るといった形の
活動をする場合、
大切な事の1つに。

 
“自分を、標準化させる。”

 
という考え方があると
思っています。

 
この場合の標準ってどこか。

女性目線で見て、

「普通の男性。」

というラインです。

 
ただ、このラインは、少し
男性と女性とでは違いがあります。

 
女性から見た標準は、これまで
恋愛経験がほとんどない男性
からみれば、結構、

 

全体的に整っている状態。

この投稿の続きを読む »

タグ


2014年12月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ルックス論

男性も、アンチエイジングをしないと、性対象外



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

ここ最近で、女性は、恋愛市場での
活動期間が、男性に比べて
極端に少ない。

 
といったような話をしてきました。
で。

ただ。
そこには、色々な注意点があります。

 
男性は、確かに女性よりも
恋愛市場での活動時間を長く取る
事ができます。
女性よりも、極端に長く取る
事ができるのは、事実です。

 
でも。

アンチエイジングをしていればね。
という前提があります。

 
男性も、これを甘く見ていては
ダメなわけです。
男性の当然、年を取ると
女性から見て、性としての対象外
に近づいていきます。

 
40代近くになれば、かなり
性として女性から見られないような
傾向が強くなってきます。

 
というのも、恋愛市場で活動を
しているのは、20代の女性が
中心です。

 
そうなると、40歳ぐらいに
なると、自分と一回り以上離れている
事になります。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年12月18日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:ルックス論

男性が、コンプレックスを感じる一つの要因



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

 

コンプレックスというのは、
持っていると連鎖する事が
多くなります。

その一つが、スタイル。
太っている
ガリガリ

この状態の男性で、自信満々
に女性にアプローチできる人は
すくない傾向にあります。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年8月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ルックス論

外見には、最大限、気を配らなければならない理由

これは、去年も散々お話してきた題材です。

しかし、これについては、いくら言っても

いい足りないぐらいだと思っていますし

今年も、この題材について、色々な例を

交えてお話ししていきます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年1月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ルックス論

このページの先頭へ