こんな男性は、イヤだ



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

女性とお話をしていて。
「なるほどね。」
と思わされる事は、数限りない。

 
んでだ。
こないだも、それを感じさせられた。
そして、ここにて、そのお話を
シェアさせていただきます。

 
何かに対しての文句を言っている。

ここまではOKで。
誰でも、文句の一つや二つは
言いたくなるのが普通なので。
そこは、全然スルーできる。
むしろ、その怒りが、納得できる
ような、世の中のココが変だ。
とか。

 

 

こんなアホな人がいた。
という話ならば、賛同できたりして
盛り上がれるような時もある。

 
でも。
その怒りというか、文句の形が。

 
責任全部を誰かに押し付けるような
怒り方であったり、文句の形に
なっている男性は、いただけない。

 
何か、気に食わない事が起きたら。

それは、誰かのセイである。

だから、

 

 

「この責任は、誰が持つんじゃい!」
っていう考え方。

良くあるセリフに直すならば。

 

「責任者だせや。」
っていう、このセリフ。
いただけない。

 
この言葉を良く使う男性の
基本の姿勢としては。
そうやって、気に食わない物事を
全部、回りの人に責任を負わせる。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年11月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:魅力

押し付けない事の難しさ。。。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

基本の姿勢として、女性に対しても
男性に対しても、あなたの事を
大切に感じています。

 
この表現をする事が、大切だと
思っています。
そのための表現として、「褒める事。」
これは、すごい推奨しています。

 
案外、世の中の人は、日々の
生活を見ていても、褒められる事は
大人になるにつれて、少なくなります。

 
男性だけに目を向ければ、ほぼ
皆無に等しくなる。

 
で。
ここで、難しさがあると
思っています。

 
褒める事。

これって、一歩間違うと
「押し付け」になってしまうって事です。

 
「○○だから、あなたは、本当に
すばらしいと思います。」
といったように、○○だから。
この部分を強調して褒めたとするならば。
褒められた側からすれば。

「○○でなければならない。」

という価値観の押しつけを感じてしまう
可能性を高めるわけです。

 
そうなると、褒める側の
「こうあるべきだ。」
という考えの押し付けになってしまって
それを言われた側の、プレッシャーにも
なってしまうかもしれない。

 
こんな事まで、考えるのは
考えすぎ。

 
確かにそうかもしれませんけど。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年11月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ヒアリンング力

このページの先頭へ