男性としての本質的な魅力とは?/その3



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

のほほ~んとしていられる
環境じゃなくなった時に
その人の本質的な魅力は
見えてくる。

 

それが前回までのお話。

 
元の性質が悪い人は、
いざという場面でその性質の
悪さが露呈するから。

 
不利な立場に追いやられ。
自分で自分を追い込む事になる。

 
だからそういった人と
一緒にいるとネガティブ要素
になるから。

 
その人を積極的に選ぶ
人はそういった場面では
いなくなる。

 
こういった事が人としていの
根本的な魅力という
事に関係すると思っています。

 
性格が良い方が良い。
ザックリとそういった
事がお話されたりすると
思うんですが。

 
その大元を考えていけば
結局、人と上手くやって
いけないと本質的には
不利益を被る事になる。

この投稿の続きを読む »

タグ


2015年11月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:魅力

(1/2)やさしいと思われる瞬間、冷たいと思われる瞬間



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

男性の場合。

仕事をしている途中に、他の
用事で割り込まれると、

 

「チョット、今、・・・。」

 

って思ってしまいます。

 

自分の空間であったり、
自分の時間に侵入された
ような気になるからです。

単純に、集中力も切れますし。

 

で。
その瞬間に、それが表情で
あったり、言葉の一瞬の間で
あったり、そういった所に
出てしまう。

 

すると、冷たい人と
思われてしまったりするわけです。

 

ここで大切な点は、誰でも
自分が話かけたりした時に、

(つまり、自分のタイミング。)

 

笑顔だったり、嫌な顔、
嫌な雰囲気を出さないで、
丁寧に対応をしてくれる人を
好みます。

 

そういった対応をできる人を
優しいと感じるわけです。

この投稿の続きを読む »

タグ


2014年10月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:好かれるために

男性が、女性の気持ちを読む事が、超苦手な理由



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

そもそもの話。
男性が、まだ、男の子。
って呼ばれる時期から、男の子は
夢を強く抱きます。

 
それは、サッカー選手であったり。
それは、野球選手であったり。
それは、ボクシングの
世界チャンピオンであったり。
それが、人によっては、
スター的なものであったり。

 
そして、意識は、段々と、その

“なりたいものになる事。”
そこに強く向かっていきます。

 
でも、友達と集まって野球を
しても、自分は、三振ばかりで、
まるで、センスが無い事を
分かってしまったり。

 
友達に軽くケンカで負けて
自分には、力が無い事を知ったり。

 
でも、なりたい自分。
なるべき自分。

 

世の中での立場を構築しない
事には、男性の本能を満たす
事ができません。

 
だから、必死に、自分が追い求める
理想像を考えながら、生きていく
事になります。

この投稿の続きを読む »

タグ


2014年4月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

(1/5)遊び相手の女性を、手にいれる戦略。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

遊びを前提に、どうやって
女性を攻略するかを
考えている男性は、多いです。

 
男性の性質ですから、自然な流れ
であり、致し方ないね。(;´・ω・)
と、個人的には思っています。

 
その際のテクニックについて
お話をしてきます。

 
まず、相手の女性の立場

あなたの立場

を考えた上で、どういった
戦略を立てるのか?
そこが、すごく大切になります。

 
あなたには、本命の彼女がいる。
もしくは、妻がいる。

 

この前提で考えていきます。

 

そして、
女性は、恋愛を望んでいる。
とします。

 
ターゲットとしている年齢層が
多くの男性にとって、20代の女性
になると思いますので。

 
まず、

「長期的な付き合い」

これを考えない方が良いです。

 
男性は、どうしても、遊びの女性でも
手元においていただいという
気持になってしまいます。

 
長期的な付き合いを考えると
その分、リスクが高くなります。

 
本命の彼女へバレたり。
妻にバレたり。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年12月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

男性が、女性へ意識して与えるべき事



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

男性は、特に若い頃を見ていると
その性質が良く分かると思います。

 
超自分勝手。

これが、男性の性質です。
はい、俺も男性ですので、まるで
否定ができません。

 
そこから、徐々に、自分を整えて
個人差はあれど、10代の頃の
ような利己的な行動は、徐々に
減るようになっています。

 

 

ではでは。

女性を見てみましょう。
女性の10代。

 
男性と比べると、自己中心的な
行動は、比較にならないぐらいに
少ない。
もちろん、個人差はあります。

 
10代の付き合いを見ていれば
多くの割合で

男性がアホで
女性が、それをカバーする。
男性が、自己中に動き
女性が、それになんとか合わせる。
なんて形が多くなります。

 
10代の女性に、恋愛での自分の
タイプは、どんなタイプ。

と聞くと、
「尽くすタイプ」。
と答える事が、かなり多い。

 

 

10代の男性なんてのは
盛りのついた動物です。

 
10代の男性の、恋愛で、どんなタイプ。
と聞いても。
「尽くすタイプ。」
と答える男性は、かなり少ない。

 

 

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年12月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

女性から認めてもらえない、擦れ違いポイント



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

この認識の差を、押さえておかないと
どうしても、女性には、認めて
もらえないというポイントがあります。

 
男性の性質としては、全体の
流れで、重要な所を押さえる事が
大切だと思っています。

 
つまり、大きな部分が良ければ
多少の事は、ドンマイ。
そう考えている。

 
例えば、一人の本命の女性が
いて、その女性以外に、心は
許さない。

 
だから、多少の事は、許してくれて
も良いではないか。

多少、風俗に行こうと、多少、飲み会で
エッチな事をしようと。
本命の女性以外には、心は動かす事が無い
のだから、何を心配する事が
あるのだろうか。

結婚をしたい相手はお前しかいない。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年10月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

前編/男性は、女性との“この差”で、苦しめられています



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

これを知っておくと、納得できる
俺達男性の性質があります。

 

こんな事を感じた事ありませんか。

今日は、一日客先を回って
色々な打合せをしまくった。

もう、誰とも話をしたくない。
家に帰って、撮りためたドラマを
見て、ただただ静かに過ごしたい。

この投稿の続きを読む »

タグ


女性が、引っ張ってくれる男性を好む理由の詳細



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

男性の性質としては、無駄にプライド
が高くなる傾向ある。
特に女性に対しては、プライドが
高くなってしまう。

 

分かり易く言えば。
知らない事を知らないと言えない。
できない事をできないと言えない。
助けがいるときに、「ヘルプ」って言えない。

 

これが、男性のプライドの部分の
フォーマットだと考えても良いぐらい。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年8月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女性の特徴

質の良い女性を、選ぶために誤魔化されない方法



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

俺達男性の性質として、育ってきた
環境的に、あまり他人から、自分の
良いところを、繰り返し言われる。

 

そういった経験が、少ない状態で
生きてきたかと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年7月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:見抜く

女性に、この男性、性格破綻しているなって思われる一言



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

 

良く男性を見れる女性は、男性から
色々な話を聞きながら、その男性の
性質を見ていきます。

今日は、その中でも、この系統の
話を振られて、こういった答えを
したら、もう、その瞬間に切られてしまう
そういった一言について
お話をしていこうと思います。

この一言を言うと、男性を見る事が
できる女性は、

「うわっ、この人、性格破綻している」

と判断されてしまう事、決定です。

この投稿の続きを読む »

タグ


2013年5月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:見抜く

このページの先頭へ