遊び

楽しい・美味しい・感動する・を決定づけるものとは。

私たちは何かをやっている時って、その単体の
ことだけを正確に判断をして楽しい、美味しい、
感動した、などを決めてるわけじゃないんですね。

わかりやすい例は、食事なんかは
その典型例だと思うんです。

そのレストランが、めちゃくちゃ美味しいとします。

それが本当に味だけが、おいしいのか、って言われると
そんなことないんです。


例えば、もしも味だけをちょっとずつ、食べ比べて
どこが最も美味しいかってなったら、
それって正確には判断できなくなるんです。

※「芸能人格付けチェック」をイメージしてもらえれば。

私たちってその状況、そこの状況にいる時の
様々な要素込みで判断するんです。

例えば私がすごい好きな遊び方の 1 つに、

焚き火を囲んで、初めて来た場所のキャンプ場で、
めちゃめちゃ綺麗なロケーションで楽しく話をしながら、
お酒を飲む。

っていうのが、お酒を飲んでいる中で、お酒が最も
美味しく感じる瞬間なんです。

でも、これって別にお酒の味が変わったわけ
じゃないんです。

そこにある様々な要素込みで、最高に美味しい、
最高に楽しい、と思ってるんです。

これが、もしも一緒にいる相手が全然、気心の知れてない人で、
こっちが楽しく話そうとしても、全くホスピタリティがなくて
楽しもうとしない。

無表情な人であって、ブスーーっとしてたら、
一気に楽しくなくなると思うんです。

むしろ楽しくない、帰りたい、とすら感じると思うんです。

そしてお酒も全然美味しくなくなります。

というように、私たちというのはトータル的に揃えてる
要素で、楽しい、美味しい、感動した、って決めるんです。

ということは、この仕組みを分かって
提供をしようと思っている人が提供する遊び

ただハワイに行けば楽しいだろ。

と思ってるホスピタリティの低い、無感動な人が
提供している遊びって比較してみる。

パッと考えたらハワイの方が絶対楽しい。

と思うかもしれないんですけど。

実際に、その当事者になってみると、色んな要素を
それぞれ楽しく持っていこう、と思って組み立ててる人が
提供している遊びの方が楽しくなる。

なんていうのは、往々にしてあるものなんです。

なので高級なものがいい、であったり。

海外に行けば楽しい。

じゃなくて。

誰がどういった考えを基に、どのような要素を詰め込んで、
その場を作り上げているか。

の方が、トータル的には楽しい、

と思う確率が高くなるわけです。

だからアイディアを練る、試行錯誤する、
っていうのはものすごく強いんです。

そしてそういったことが、できるようになるのは、
そのような場面を繰り返し過ごしているから、
再現できるようになるわけです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-遊び

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER