学び・知識・知る事

自分の能力が上がって行っている時の判断方法。

私たちは何でもスラスラとできることの方が、
良いと考えているところがあります。

例えば。

何かの物事をこなすときに、 1 時間かけるよりも
10分で終わらせられる方がいい。

その方が効率的である。

というような考え方です。

これは同じレベルのものを、機械的にこなすのであれば、
その考え方は正しいです。

ただし、自分を成長させていく分野に関しては、
この考え方は採用しない方がいいです。

例で言えば、ここに 1 つの問題集があるとします。


これを、3 日で20 時間かけてとくよりも 、

5時間で解ける方がいいと判断する場合。

この考え方には決定的な誤りがあるんです。

それは 20 時間で解くということは 、20 時間かかって
しまうぐらい、今の自分にとっては難しい問題である。

ということなんです。

それと比較してみて、
5時間で解けるということは、自分にとって
容易なものであるってことなんです。

なので、自分の能力を伸ばすと考えた場合は、
20 時間かかるテキストの方に
取り組んだ方がいいんです。

でも、人間は 1 冊のテキストをやるよりも、
それをやってる間に 5 冊やった方がいいんじゃないか。

と思ってしまいガチなんです。

でも私たちは当たり前なんですけど、理解することに
時間がかかる、苦戦をする、苦しい思いをする、

っていう時間が、自分が成長している証拠なんです。

なぜならわからないから、考えてわかるように
なるまで時間使ってるから、時間がかかっちゃうんです。

なので時間がかかってしまって、苦痛だ。

でも、この苦痛は自分の限界を超えていないレベルで
あるならば、その時にこそ成長してるんです。

自分が簡単に、次、次、次、ってできるもの
っていうのは、自分にとってみたら
イージーモードになってしまってるもの

ってことです。

同じような問題しか解いてない
ってことになるわけです。

ここを勘違いしちゃうと全然成長ができなくなります。

今の自分と変わらない先しかなくなるんです。

なぜならば、同じことしかやってないことに
つながるからです。

例えば私の場合。

人間に関わる話だったら、すらすらと頭に入ってくるんです。

でも、これトタンに経済の話されると、
全然話入ってこなくて理解するのに、

びっくりするぐらい時間かかるんです。

でも、こっちの方が自分の参考には、めちゃくちゃ
なってるんです。

なぜならば理解するのに時間かかるってことは、
知らないからなんです。

能力不足なので理解するのに時間がかかってるんです。

ということは、それをずっと繰り返していると、
その分野についても、わかるようになっていくんです。

なので、理解できないことっていうのを、
大切にした方が良いです。

成長という意味で考えるならば、苦痛に感じるぐらいが
ちょうどいいわけです。

ここでまた別の1 つのポイントがあって。

もしも自分が生産をする、何か提供する側になる場合は、
自分がスラスラスラスラできる部分を
提供しないと駄目です。

自分がスラスラ提供できないものっていうのは、
自分にとってみて、まだその分野が全然分かっていない。

つまり実力不足ってことだからです。

ということで話をまとめますと 。

自分の能力を上げる際には、スラスラとできるものは、
もうすでに自分が分かっているものなので、
成長ではない。

むしろ苦戦するものに取り組んだ方がいい。

一方、
自分が何かしらを生産する、提供する側の立場で
あるならば、スラスラといくらでも話ができる。

質問されても、そのほとんどを既に知っている。

そのような分野に取り組んだ方がいいです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER