トラブル

可視化される、モテる・モテない。絶望問題。

インターネットが普及することによって、
かなり便利になりました。

その便利になったことで、メリットを享受しまくって
いる人と、実はめちゃくちゃ絶望的な事を
可視化されちゃった人って別れてきてるんです。

この間は、完全に分断しちゃってるんです。

この話はこれから、あなたも散々目にする事になります。

時には、鬼ほど迷惑をかけられます。
足をひっぱられます。

そして、私と同じように

「この問題は、どうにもならない。
絶望的な感じすらする。」

って感じる事が多々あると思います。

すでにそう思ってるとも思います。

わかりやすい例を挙げます。

Amazon のレビューなんかを見ていて。

星 1 つをつけていて。
その理由。

自分が思っていた商品じゃなく誤った
商品を購入してしまった。
もっと確認すれば良かった。

星 1 。

って、つけてるわけです。

あなたならば、分かると思うのですが、

この人は生きていく事に
不都合が起きる事が多々ある人だとわかります。

でも、それがこのタイプの人は自分に要因が
あるとは、気づいていません。

他にも典型的なのは食べログなんかもそうです。

星 1 をつけてる人で、その理由は、

隣にいた客がめちゃくちゃ、
食べ方がきたなく、咀嚼の音がうるさかった。
せっかくの美味しい料理が台無しになった。

星1つ。

このような評価をしている人も先ほどと同じです。

このようにインターネットでは、文字って自分の
考え方をそこに出す場所です。

そうするとその人の考え方が、分かりやすく
可視化されてしまうんです。

上記の言葉を出す人は、物事をちゃんと
適切に見れていないってことを
表現しちゃってるわけです。

さらにここの悲しい部分は、それを書く人は
それがおかしいことに、気づけないってことなんです。

さらに言えば、存在自体がお店の営業妨害になっている。
害を与える存在である。

これにも気づけない。

なので、今インターネットの中でいろんなメリットを
享受している人達は、これが何がおかしいかが
分かるんです。

メリットを得る人は、自分の発信ではこのような
おかしなことはしないわけです。

でも分断されちゃって、このおかしさに気づけない側
では、自分のこの発信が何がおかしいのかが
わからない。

これって、見ていると分かるのは

否定的な事を言う人側に多発している事です。

そうすると、適切な判断を下せない人だから
適切ではない事を相手側にぶつけがち。

そうすると、私達が今後生活していく上で、こういった
タイプの人と合うと、このような理不尽な事を
必ずされる事があるって事です。

そして、相手側はそれのどこがおかしいのかが
分からない。

そして、分からない人に限って、自分の言っている事は
正しいと思ってしまう。

例えば。

ここに判断力が低い人のグループがあります。

その人にテストをしてもらう。

その人たちの平均点は20点だとする。

自己判断をしてもらうと、平均点は70点と
評価しているんです。

これが判断力が低い人たち側の感覚なんです。

つまり判断力が低い人は、何が正解で何が不正解かが
分からないから、点数が低い。

でも本人は正解していると思う。

正解・不正解の予測ができないから判断力が
低い人に分類されている。

でも判断力が低いから、自分が判断力が低い事が
分からないのです。

だから、そのタイプの人は自分の評価が
明らかに現実よりも高すぎるんです。

差がありすぎる。

すると、まともに話ができないんです。

こちらが正当性のある話をしても、それが正当性の
ある話だと判断ができないからです。

こうなると、男女関係は言葉を使って活動を
していく場所。

インターネットでは大変な事になります。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-トラブル

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER