考え方

1つの出来事でも、その後の結果が大きく違う。

物事は受け取り方によって、どのようにでも
その先の結果が変わってしまうという面があるんです。

なので解釈の仕方っていうのが、すごく大切に
なってくるんです。

例えばここにテストがあります。

これをやることによって、あなたの現在の能力を
知る事ができます。

と聞いたとします。

ここでも解釈って変わるんです。

じゃあ、このテストをやることによって、
現在の自分の能力が知ることができるんだ。

そして何が足りないのかも、わかるな
という解釈をする人と。


自分自身の能力が数値化され、それが決定的な
ものであると考える人。

つまり、現在のその判断が、それ以降の能力にも
繋がっていると考えちゃう人 。

1 つの判断の仕方で、全然考え方って変わっちゃうんです。

当たり前ですけど、このテストは今の現段階での
話にしか過ぎないものであって。

未来のことなんて一切触れてないわけです。

現段階での話なんで。

ここの考え方のベースにあったものは何かって言うと、
自分は、

「まだ、これについて知らない」

という考え方を採用しているか。

採用していないか。

っていう考え方に、かなり大きく影響を受けています。

まだ自分は知らないこと、この分野については
知らないことがいっぱいあるんだ。

と考えるならば。

じゃあ、知らないことを知っていけば、
その後に再度テストをするとしても、
大きく良い方向に変わるだろう。

っていう自然な流れの考えにいきつくわけです。

なぜならば現段階の能力っていうのは現段階で、
知っていることにしか過ぎないからです。

現段階で知っていることが、未来の先も決定する
要素にはならないです。

今、現在のことが未来にまで通じるんだ。

という考え方をしてしまうと、まだ自分は知らない。

ではなくて、今現在の自分がその後ずっと続くんだ。

という考え方をしてしまう。

そうするとそのテストで悪い点を取ったら、
自分はもう絶望的だっていう考え方をする。

当然ながら、後者の考え方をしちゃうと、
自分の今から何ができるのか、っていう考えには
至らずに、ただ絶望。

という生産性のない考え方に行っちゃうわけです。

これって話聞いてれば、当たり前じゃん
ってなるんですけど、

実際にこれが考え方として、くせづいてしまうと、

自然とこの後者の方の考えを採用しちゃう人
っていうのはかなりの割合でいるわけです。

私たちは前者の方の考え方。

私たちはまだ知らないんです。

今現在いろんなことができるようになった、
としても、まだ知らないんです。

なので、自分が何か新しいことをしよう
とするんであれば、それはまだ知らないことなので、

できなくて当たり前で、

知っていくことで、またできるようになるんです。

これどの分野でも全部共通するんです。

まだ知らないだけであって、その分野は
やろうと思ったら、またわかるようになるんです。

特に私たちが今の現状が変わっちゃって、
また 0 からやらなきゃいけなくなった
としても、どうにかはなるんです。

なぜならば今は、まだダメかもしれないけど、
その後はちゃんと続ければ、どうにかなるからなんです。

という考え方を持っていたら、不要に
ネガティブな方に考えを持ってく必要がなくなります。

このネガティブな考えというのは、どうにもならないことに
ついて考え続ける、という意味のネガティブ
っていう意味です。

心配をして対策を具体的に練るというのは、
ネガティブというよりも、具体的な行動が伴うので、
慎重で、よりいい結果をもたらす行動なので、

これはこれでいいことなんです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-考え方

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER