男性が、女性の気持ちを読む事が、超苦手な理由



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
そもそもの話。
男性が、まだ、男の子。
って呼ばれる時期から、男の子は
夢を強く抱きます。
 
それは、サッカー選手であったり。
それは、野球選手であったり。
それは、ボクシングの
世界チャンピオンであったり。
それが、人によっては、
スター的なものであったり。
 
そして、意識は、段々と、その
“なりたいものになる事。”
そこに強く向かっていきます。
 
でも、友達と集まって野球を
しても、自分は、三振ばかりで、
まるで、センスが無い事を
分かってしまったり。
 
友達に軽くケンカで負けて
自分には、力が無い事を知ったり。
 
でも、なりたい自分。
なるべき自分。
 
世の中での立場を構築しない
事には、男性の本能を満たす
事ができません。
 
だから、必死に、自分が追い求める
理想像を考えながら、生きていく
事になります。

 
小さい頃の少年は。
いつも、どこか、女性に比べると
抜けていたり、幼稚であったり
しますが、頭の中での
イメージは、無限に広がっていて。
 
本気で、仮面ライダーになりたい。
本気を出せば、変身ができる。
って思っている。
修行をすれば、カメハメ波だって
打てるさ。
って思っている。
でも、時間は待ってくれなくて。
次々に、やるべき事が目の前に
迫ってくるし、大人になって
いかなければならないし。
 
でも、自分は、まだ、、、
と言ってられる程、のんびりと
時間は流れていなくて。
 
その現実とのギャップにイライラ
してきたりして、時には
それが、暴走したりして。
 
ってな具合に、自分の中で、
混沌とした世界が広がっていて
収拾がつかなくて。
 
そんな、他人の事に
強い興味を持っているような
時間が無いわけです。
 
興味は、物であったり、
空間であったり。
想像の中の、未来であったり。
 
間違っても、女性みたいに
人には、そんなに興味を抱かない。
 
ただただ。
なんで、鉄の塊が空飛ぶのだろうか。
 
なんで、人間って空飛べないのだろうか。
飛べんじゃね?
 
って事に、時間は、使われていく。
それが、男性の性質ですし、
そういった、完全に、
コミュニケーション能力の不足
しているような人達が、
飛行機を作ったのだし
この世界を作ってきたわけだ。
 
そもそも、興味の対象が
女性とは、違い過ぎる。
だから、女性の気持ちを読もう
としたところで、読めない。
分からない。
 
察するって何さ。
それって、幻の事?
ってなってしまう。
 
でも、そうは言っても、現状で
それを放棄してしまったら
一人残ってしまうから
 
後付になるけど、色々な事を知っていき
自分を、ごまかしごまかし
動かすようになっていく必要は
あるわけです。
 





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年4月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自分を知る

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ