伝える技術を身につけないと、大変



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
ちょっと前に話をした事と
少し相反する話なのですが
ある程度、自分が何をして欲しいのか?
を伝える事ができないで、悶々と
した状態を抱えてしまっている。
といった人がいる一方。
 
自分の主張だけを
相手に押し付ける事が当たり前と
思っている人の比率が増えてきている。
 
元々、日本の文化として、察する事。
を重要とした所があります。
で、これって俺は、日本の良い所
だと思っています。
 
ただ、察するという事は、洞察力が
必要ですし、より高いコミュニケーション
量を必要とされる面があると思っています。
 
その人と、多くの時間を過ごして
その人が何を考えているのか?
こういった事が分かるような段階に
なってくると、ある程度、ケースデータで
察する事ができる可能性があがると
考えています。
 
って事を考えると、察する文化は、
良質なコミュニケーション量により
支えられてきた文化。
と考える事ができます。
 
そういった事を踏まえると、あまり
親しい間柄ではない場合、ちゃんと
伝える事をしないと、やっぱり、損を
する事が多くなるなと思いますし
誤解される事が多くなります。

 
良かれと思ってやった事が、逆の
展開になってしまったりと。
 
そもそも、察してくれ。
と思うのは、見方を変えれば、かなり
相手に依存をしている・甘えている
状態だと考えられます。
 
良質なコミュニケーションは取りたいとは
思わない。でも、こっちが思っている事
考えている事は、なんとなく理解してよ。
 
こう思ってしまっている人が、結構
多いです。これは、単なる自己中です。
 
察して欲しいならば、それまでの
段階で、積極的にこちらの情報を
相手に提供しない限り、相手は
判断材料がありませんから
察する事などできません。
 
ただ、こちらの情報を提供する場合
同様に、自分自身が同じように
相手に興味を持たない限り
相手が、こちらの情報にも興味を
持ちません。
一方通行は、成り立たない。
 
そうなってくると、どちらにしろ
“伝えるあう技術”
が必要となってきます。
 
ただ、自分がやって欲しい事だけを
相手の反応を見ずに、やって
しまえば、そこには、良い関係性は
生まれる事はありません。
 
どうやって、相手が受け止めやすいように
こちらの要望を伝えるのか?
 
そして、こちらの要望を伝えても
問題ないような関係をどうやって
作っていくのか。
 
察する文化は、日本特有の文化。
でも、それは、あくまでも、良質な
コミュニケーション量の積み重ねの上に
だけ、通用する事。
 
コミュニケーション量が、圧倒的に低く
なってきている、今の日本に。
そして、自信を持って、回りと
コミュニケーション量を多く取っている
と言い切れない人達は
 
察する事に、多くを求めてはいけなく。
どうやったら、上手く、伝えあう事ができるのか?
 
を考える方が、人間関係を上手く
いかせる事ができると思います。

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ