女性関係、人間関係を疲れさせている根源。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
女性と関わっていると、お互いに
理解できない所があって。
それが、あるのが当然。
 
でも、人間関係全般が上手く
機能しない人は、そこに、少し
濃いこだわりを入れてしまって
いるんですね。
 
こだわりってのは、少し
悪い方向に出たら、ただの
「頑固な考え」
に変わります。
 
だから、あまりこだわりを
持ちすぎてはいけないなと
思っていて。
 
自分のこだわりを強く
出すと、それは頑固な考えと
なってしまい、女性との考えの
間に、軋轢を生む。
 
軋轢が生まれると、それは
良い状態とは言えませんから。
そこから、ギクシャク。
みたいになっていく。

 
そこで、柔軟に気持ちを
切り替えられるならば、関係は
また良いものに持って行ける
のですが。
 
さらに、強くこだわると。
それは、すごく面倒な状態に
変わっていき、自分も、女性側
も、最悪の状態にしていく。
 
俺が、人生で、もっとも避けたい
と思っているものの一つが
「怒り。」
これ。
すごく面倒。
怒りは、色々な意味での
原動力になったりもするのですが。
個人の考えとしては、思いっきり
避けたいと思っている。
 
なんでか。
この上なく、疲れる。
すぐに疲れる。
体力的にもそうですが。
何よりも、心が疲弊する。
たいして、何もしていないのに。
なんか、ヘロヘロ。
怒りを感じている時に、活動を
していると、無駄な消耗が
ひたすら多い気がする。
 
多分、多くの人が経験が
あると思うのですが、昔に
自分が、誰かしらか受けた
屈辱の場面。
 
これを思い出すと、もう、
怒りが噴出してくる。
それに、頭の中が占拠されていると
寝れなくなるし。
何よりも、ドッと疲れる。
 
だから、同棲しているカップル
とか。
結婚をしている夫婦とか。
家の中で、お互いに、文句を
言い合っているとか。
 
お互いの要求を突き付けて。
それが受け入れられない事で
怒りに任せてお互いに、
その感情をぶつけているとか。
 
もう。
マックス、消耗しあっている。
お互いにお互いを消耗させる
合戦みたいになっている。
ただただ、疲れる。
 
で。
生活の生産性が、この上なく
ダダ下がり。
 
良く、
「良い仕事をするためには、
家庭が円満である必要がある。」
 
なんて事を言われる。
 
本当に、その通りだなと。
家の中で、怒りの感情を
持ち続けていると、心を休める
場所がなくなる。
 
人生のもっとも、無駄な事
の一つは。
怒りの感情を持ち続けて、
人生の生産性を落とす事だと
思っているぐらい。
 
そのような状態にならないため
にも、コミュニケーション全般に
ついて、日々、このメルマガ
でも考えているわけです。
 

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年6月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:感情

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ