これをやるから、トラブルになる



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
自分の気持を理解して
欲しいけど、理解して
もらえないと感じた時。
 
誰でも、不満を覚える。
それが、彼女であったり、
大切な人であればあるほど、
理解して欲しい気持ちが
強くなるから。
 
だから、それが強い
口調となって表現されて
しまうのです。
 
が。
 
それが、良く無い。
強い口調となって、
大きな声を出したとなる。

 
すると、脳は、強い
口調と、大きな声に
引っ張られてしまう事に
なるわけです。
 
すると、それまでの
流れが分からなくなる。
 
強い口調と、大きな声。
これは、どういった感情
なのかの判断を
ミスってしまう。
 
この状態の感情は、
“怒りの感情だ。”
と、脳がミスジャッジ
をしてしまう。
 
そして、本来、理解
されたくて、
言っていた事が・・・。
 
いつの間にか、相手を
罵詈雑言で、責めている
ような状態になってしまう。
 
だから、あまり、強い口調、
大きな声を、感情に
任せて言うのは、
オススメしません。
 
その内、自分の脳が
ミスジャッジをしてしまう
可能性を高めるから。
 
理解して欲しい気持ちが
あるならば。
それを伝えれば良い。
 
なぜ、こういった事を
言うのか。
お願いをするのか。
 
その理由を説明すれば
良い。
それを、強い口調、大きな声
で、感情任せで
伝えようとするから、
トラブる。
 
受け取っている側も、
分からなくなる。
理解されたいから。
と言われれば分かるのに。
強い口調、大きな声で
言われるから。
責められていると、
こちらもミスジャッジをする
わけなんです。
 









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年1月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:脳科学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ