Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

難しいんです。コミュニケーション



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。
 
恋愛・コミュニケーションの
力を向上させていき、
自分の満足した
関係の女性を作りたい。
 
その場合、まず、念頭に
おくと良いのが。
 
コミュニケーションの性質上、
 
“その力を向上させるための
活動をしていく上で、
ストップさせる事はできない。”
 
って事なんです。
 
例えば、ゲームならば、
思ったように進まない。
それが、ロールプレイング
ならば、とりあえず、
立ち止まって、時間を
消費しながら、レベルを
上げる事で、次の段階へと
スムーズに展開させる
事ができるんですね。
 
仕事もそうですね。
仕事は、成功か、失敗かは、
すぐに判断ができるので。
失敗したら。
 
ストップ。
組み立て直し。
やり直し。

 
さらに仕事の場合は、
ストップさせて、どれだけ、
短いスパンで、新しい方向に
向かうかが重要になります。
 
究極、仕事の場合は、失敗した。
即、タイムラグ0にて、次の
新しい展開に持っていく事が
究極の理想状態なわけですね。
 
それが、一番無駄なコストが
かからないので。
 
ところが、コミュニケーションは、
それとは、全然、方向性
が、違って、どれだけ、
多くの時間を使って、
紡ぎあげてきたか。
 
ってのは、重要な意味を
持つわけです。
 
どういった意味か。
それは、単純な話で。
 
これまでに、多くの人と、
多くの時間、
コミュニケーションを
割いてきた時間が多ければ。
 
それに比例して、場面での
対応力が上がるという意味。
 
もちろん、ここで、
選択しているものが、ミスを
繰り返す状態が、
コミュニケーション不全の
状態になるわけです。
 
この状態は放置したり、
積み重ねても、良い方向には
向かわないわけですが。
 
だから、物事によって、
時間に対する
考え方は、全く違う
ものなわけですね。
 
積み上げる時間が
少なければ少ない程、
良しとされるものと。
 
紡ぎ上げてきた時間が
大切とされる。
コミュニケーション力の
向上は、こっちのタイプとなる。
 
 
そんな感じで、多くの事は、
ストップして、準備して
際スタートとか。
もう一度、すぐにやり直す
事をOKとされている
わけなんですね。
 
 
続きます。
 












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ