相談相手になると、好きになってもらえる?

女性は、大学生ぐらいになってくると
寂しいと感じるタイミングなどで、より
人と分かりあいたいという気持が強くなって
きます。
理解しあう関係。
これを求めるようになってきます。
男性は、大学生ぐらいの年齢では
まだそういった欲求は起こる段階でなく
どちらかといえば、性的欲求が中心です。
 
精神的には、女性の方が成熟度が早い
のも、こういった点から良く理解
できると思います。
 
理解しあいたい。
つまり、自分の事を理解してもらって
相手に事も理解しあいたい。
高度な欲求を持つようになります。
 
しかし、それは簡単な事ではなく、その中で
思ったような展開にならなかったり
時には裏切られてしまう。それでひどく
傷ついてしまう事などを経験していきます。
 
お互いに理解をしあいたいというならば
お互いの情報を交換しあう事になります。
表面的な事ではなく、深い部分の話しを
交換しあう事になります。
 
この深い部分の話しを交換しあい、それを
理解できる事。これを望んでいるのです。
そうする事で、そこには、深い絆ができる。
 
こういった感覚を持つ事ができて、高度な
欲求が満たす事ができた。そうなれば、これが生きている
事、それ自体を充実させるのに十分なぐらい
大きな役目を果たすのです。
それぐらい、高度で、達成できた時には
充実感を得れる物事なのです。
 
そういった事があり、その面から考えて
それを簡単に表現するとなると
「女性の話を聞け」
となるわけです。
ただ、たぶん、色々なところで、聞きかじった事から
女性の話を聞け。といっている人が大半だと
思います。
 
その点を深く考えていくと、この欲求にたどり
つくわけですが、俺としてはこれを理解できると
より高いレベルで、この点について
意識できるなと思っています。
 
だから、女性の話を聞け。という言葉は
かなり簡単に説明している状態です。
この部分を掘り下げて説明するとなると
もっともっと、細かい説明が必要だなと
俺は思っています。
 
そこで、大雑把な説明をする人は、女性の
話しを聞け。そして…
 
「良き相談相手になれ」
 
みたいな事を言われます。
 
それは、女性の話を聞く上で、相談をされる
側の立場になれば、より、多くの話しを
引き出す事ができ、簡単に聞く側になれる。
という面をみて、良いと思っているわけです。
 
しかし、実際、相談をベースとして情報の開示と
恋愛感情は、あまりマッチしない傾向があります。
 
恋愛感情とより、マッチしている
情報の開示の種類としては、「感情」部分の
情報を交換する方が、恋愛感情に近いという
現実があります。
 
確かに、相談内容を開示するというのも
その間に、信頼がなければ、なり立ちません。
しかし、それは、あくまでも相談という
結果になり、知識量がある、相談するに
値する答えを持っているから。
つまり、教師的な立場におかれる可能性が
あるわけです。
 
恋愛感情という意味では、あまり相性が
良いと思えない位置だと考える事ができます。
 
もちろん、そこから、恋愛に発展する
可能性はあるわけですが、相談よりも
感情の方の情報開示をしてもらうほうが
恋愛という点において見れば、近い
位置にあるわけです。
 
だから、俺としては、相談を受けろ。
というよりも、もっと感情的な情報を
引き出す方に、力をつかう方が、より
恋愛に関係になるには、的確な行動だと
考えていますし、事実、そっちの方が
女性の感情を動かしやすいという
感覚を持っています。

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年1月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話・言葉

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ