あなたが、女性との付き合いが苦手な原因を探る

物ごころついた頃から、女性との付き合い・
人との付き合いが上手い男性と
下手な男性がいます。
そこに、どのような差があるのか?
 
これを掘り下げて、話を聞いていくと
天性的な性質も、もちろんありますが
生活環境も多いに関係していきます。
 
そして、当然のごとく、今のあなたを
構築してきた、モデルがあります。
言うまでもありません。
親ですね。
 
どんな人も、親をモデルとして
成長していきます。
(例外あり)
 
そこで、見てきたものが、だいぶあなたの
中で、モデリングされている可能性が
あるわけです。
 
もし、今、自分は女性との付き合い、
人との付き合いが下手だな。
 
と思う人の親の傾向としては、あまり
小さい頃から、あなたに、友人と楽しく
遊んでいる姿や、どっかに行っている
姿を見せていない可能性が高くなります。
もし、親が、楽しく友人と接している
姿をたびたび見せられているならば
それをモデリングし続けたあなたは
自然に、人と交わる事に抵抗がなくなり
ますし、そういった事は、楽しい事だと
インプットされるので、自然とそういった
行動に出やすくなる傾向が、高くなります。
 
逆に、あまり人との関わりを見せられて
こなかった場合、必然的に、それを
モデリングして成長してしまいます。
 
という流れがあるという事は
 
なんとなく、人との付き合い方が
感覚として分からなかったり、いったい
どうしたら良いのかが、理解できて
いなかったりします。
 
意識的に、人を遠ざけてしまう可能性も
高くなります。
 
少なからず、あなたの中に、幼い頃
モデリングしてしまったものが
あるために、それをベースとしてしまうと
女性・人との付き合いが苦手だと
感じてしまうのです。
 
では、実際にどのようにする事で
この状態から抜け出す事ができるのか?
 
方法は、もちろん、一つではありません。
あなたにマッチした方法が色々と
あると思います。
 
その中の一つの考え方として、その
モデリングしてきた事を捨てる。
 
という案を、出してみたいと思います。
 
かなりアバウトな話ですが、未だに、親の
モデリングをしてしまっているタイプの
人は、おそらく、大人しくて従順な傾向が
あると予想します。
 
つまり、小さい頃に、モデリングした事
感覚的に身につけた事を、否定できない感覚
があるのではないかなと、考えられるわけです。
 
そうすれば、やってみる価値がある事としては
まず、親の価値観、親の人との付き合い方を
否定してしまう。
 
面と向かって、「あんたは、人と上手く付き合えない
タイプの人だな。」というように
否定するのではなく、あなたの中で
コッソリと否定してみます。
心の中で、頭の中で、インプットするように
否定してみます。
 
俺の望んでいる状態にするためには
親と同じような、人とのコミュニケーション
の取り方では、ダメだな。
 
と理解をし、否定して、自分の望んでいる
状態を作るための、コミュニケーション
構築方法をイメージする。
 
もしくは、幼児期に親のモデリングを
してしまっていたならば、今後は
自分が、「こんな接し方の人になりたいな」
と思える人のモデリングをする。
 
今回は、無意識ではなく、意識的に、
自ら、モデリングする。
そうでないと、そうそうモデリングする相手と
一緒にいる時間はありませんから、意識しないと
中々、モデリングできません。
 
こういった方法なんかは、有効じゃないかな
と考えています。
もし、こういった状態にあなたは近いと
思えたならば、ちょっと試してみる価値はある。
考えの一つとして、取りこんでみる価値は
あるんじゃないかと思っています。





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年1月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思春期の影響

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ