モテるための、基礎自己分析

あなたは、現在、今の自分の事や
最近の、自分の生活について
どのようにとらえていますか?

ちょっと、あなたのイメージを
頭に思い浮かべてください。

朝は強いから仕事に遅刻をしない

 

仕事の仲間にはめぐまれているが
給料面では、ちょっと不満がある

 

将来に関して、不安を持っている

 

このような感じでイメージしま
したか?

 

もしくは…

 

ゴルフにはまっている

 

積極的に人と交わりたいから、異業種
的な飲み会に参加している

 

仕事スキルアップのために、勉強をはじめた

 

このような感じで、イメージしましたか?

 

さて、この2つには、たいして差が無い
ように感じると思うのですが
結構、大きな差があります。

 

それは、自分の事や、最近の生活
の事に関して考える時に、一面的に
考えているか、それとも、多角的に
考えているか。

 

前者は、お分かりのように、仕事を
中心としてしか、考えられて
いない状態です。

 

後者は、意識が多面的に行っている
状態となります。

 

一面的にしか意識が言っていない
という事は、他に興味を持っていない
可能性が高くなり、もし、その興味を
持っている一面的な物事が
マイナスに作用すると、私生活全体に
悪影響を及ぼします。

 

それは、そうなって当然です。

 

自分が興味を持てている事が
一面的であれば、それが、マイナスに
作用してしまっている時は
自分が全否定されていしまっている
状態になるわけです。

 

当然、その悪影響は、身近にいる
人にも及びます。
そういったタイミングで、身近にいる
人が去ってしまったりします。

 

回りの人から見れば、なんで
そこまで、へこんでいるのか。
を理解する事はできません。

 

時としては、精神的に弱い人間で
一緒に生きていくのには、向いていない
リスクを背負うととらえられる事もあります。

 

そのため、そういった状態になっている
のを見ると、「この人と一緒にいる事は
できない」と感じて、去ってしまう
確率が高くなるのです。

 

女性との関係や、人との関係を
継続的に、良好に保つ事ができない
男性に多いタイプは、このように
一面的にしか、生活全般で興味を
持てないタイプの人にダントツに
多くなります。

 

そして、精神面的にも、すぐに
バランスを崩すのは、このタイプの
男性です。それについては、上記の
お話により理解がしやすいと思います。

 

一面的な面が、マイナス方向に向かうと
全否定されている気分になるから。

 

何気ない事のように感じるかもしれませんが
一面的にしか、今の自分の生活に
興味を持てていない状態というのは
色々な危険性を含んでいる事になります。

 

モテる事には、直結していないように
感じるかもしれませんが、見えない
角度で、すごいモテる事に関係して
いるものなのです。

 

すごく分かりやすい例ですと、一人の
女性しか見えない無い男性が、その女性
からフラれてしまった。

 

その男性の中では、その女性しか
存在しない、見えていない状態。

 

その一面が、その男性のすべて。
女性の事。それだけ。その事の一面的にしか、
その男性には見えていないわけです。

 

ですから、その女性にフラれた
時に、その男性は、人生が全否定
されたような感じになり、マイナス心理
ひどい場合は、マイナス行動に出ます。

 

そのマイナス行動の矛先が、
自分に向いているときは、まだ良い
のですが、女性に向いてしまうと
悲劇になります。

 

一面的にしか見えてない事は、まわりに
人のためにも、自分自身のためにも
良くない傾向なわけです。





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年5月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自己形成

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ