同姓との付き合いも、女性関係に強く影響する話



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 

よく、女性にモテる男性は、同姓から
モテる。なんて話を聞く事があると
思います。

例外はもちろんのように存在します。

女性だけに特化してモテるけど、男性
からみると、嫌な奴ってのは、います。
確かに。

ただ、大人になって、女性と話をする
事に苦手意識を持っている男性の話を
そこから、掘り下げていきます。

 

すると、これは、俺の感覚の話なのですが、

 

小学生ぐらいの同姓の友達
の付き合い方に、なんとなく。

 

結構強めの確信を持てるレベル
で、関係性があるように
感じています。

 

まず、最初に、人間とのコミュニケーション
を覚えていくために通る相手は、
親です。

 

だから、親とのコミュニケーション
で躓いた人は、多くの割合で、
人間とのコミュニケーション
が苦手になります。

 

ここは、良く理解されている人も
多いと思います。

 

その次の段階を考えます。

 

すると、同姓の友達。

 

ここが出てきました。

 

実は、ここの時間の過ごし方ってのが
すごく大切だったんじゃないかと
思っているんです。

 

物心ついて、親以外の人と
初めて多くのコミュニケーションを
取る相手は、大抵、同姓の友達です。

 

ここが盲点的なポイントで、ここでの
蓄積というか、訓練というか、ここで
上手く同姓とのコミュニケーション
を取れるようになった男性は

 

その後、対女性とのコミュニケーション
で、そこまで苦労していない。

 

そういった傾向が見えるんです。
逆に、ここで、苦戦をしてしまって

 

その後、あまり同姓とのコミュニケーション
が、良好に取れない状態が続いて
しまっている男性は

 

それ以上に、女性とのコミュニケーション
で躓いている。

 

何気に、この小さい頃、主に小学生
あたりかな。

 

同姓同士のコミュニケーションが
活発になっていく時期というのは。

 

そこから、徐々に興味の対象が
女性に移っていく。

 

この前段階といいましょうか。

 

親以外とのコミュニケーションの
取り方を学ぶ時期といいましょうか。

 

探っていくと、ここに一つのポイントが
あるのかもしれないと思っています。

 

そうすると、もしかしると、今、女性との
関係で悩んでいて、それよりも前の
段階。

 

この時期から、同姓との関係を構築
するのが、苦手で、今も、苦手ならば

 

この点に意識をもって、まずは、同姓
との関係について、考える焦点を
持って来て、この点について

 

強化をする事が、対女性への良い
ステップになるのかもしれない。

 

そんな仮説を考えています。

 

どうなんでしょうか。

 

と、自問自答で終わる今日の話でした(-ω-` 😉





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年2月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思春期の影響

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ