未来の遊びの話をしてみます。/その3

社会とつながる。
新しい人とつながる。

これを元にして、どうやって自分が将来
できる活動へと落とし込んでいくのか。

今日はその点をお話していきます。

社会とつながる。

どうしても、大人になっていくと
関わる人は、固定化していってしまいます。

そういった意味で、長年、新しい人達と
関わり続ける仕事をしている人は
脳の劣化と言う意味では、劣化がしにくい
んですね。

社会とつながる。

色々な形があります。

とはいう物の。

俺の活動の一つとして、

女性関係があります。

ここを一つの社会とつながる活動の
一つに考えているんです。

この活動は、常に新しい女性との
接点を作ってくれますし、

実際に会う事にもなります。

そして新しい女性との出会いが
継続的にないなら、間違いなく

身だしなみは気にしなくなる男性が
圧倒的多数派だと思うのです。

そういった意味でも、社会とのつながり
窓口として女性とのつながり窓口を持っておく。

って大切です。

男性が気にするのは女性の目です。

ですから女性の目を気にしなくなった
男性は風貌が乱れていきます。

さて。

ここで窓口を作るにしても、脳の力を
落とさない事とリンクしている活動
だとより良いと考えます。

では、脳の力を落とさない事に有効な
方法とリンクしているもの。

ってなんだろうか。

そうなると、その一つの形として、

“文章を作成する。”

これがあります。

この活動って、実は結構疲れます。
しかも体力的な意味で疲れるのではなく、

脳の疲労

として、疲れます。

(だいぶ個人的な感覚としてですが、
すごい疲労します。)

例えば、文章作成を大量に行わなければ
ならない日があって、10時間程度
文章作りをずっとしていたとします。

その日の疲労感は非常に高く。

(体力的には座っているだけなんですが。)

その日に大量の睡眠を確保しないと、次の日も
同じような事は出来ません。

このように、とかく文章を作っていく事
は、脳を疲弊するんですが。

お分かりの通り。

脳が疲弊しない事に問題があるわけです。

ルーティーン

が良くない理由もそこにあります。

脳は楽な活動を好みますから。
出来るだけ同じ事をしたがります。

それに反した事をしていく事が
結局は脳の力を延長していくには
良い活動になるんです。

文章は読んでくれている相手になるだけ
伝わるように、自分の考えている
事をなるだけ伝わる形に変えて
出力していく作業です。

ですから、完全に伝わる形。

にはなりません。

が。
伝えようとして考える事に大きな
意味があるんです。

それを対女性に向けたもののみとして
文章を作るんです。

では。
どういった文章を作るのか。

それについては次回。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2017年10月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:レベルアップ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ