会話が苦手な人が陥るサイクル

<

■1日1応援クリックをお願いします^^■

 
 p>コミュニケーションが苦手であったり
会話が苦手である人を見ていると
当然のように、発言をする事が
かなり少ない。

もしくは、その話の内容を聞いていると
差しさわりの無い、普通の話を
する傾向が高くなります。

そうする事で、会話でミスをしない
ようにしているのかもしれない。
そんな風に感じています。

会話をする事であったり、
コミュニケーションを取る事の中で

一つのルールというか、面白い
サイクルみたいなものがありました。

それを踏まえていると、発言をしない。
会話をしないという事が、さらに
自分の足を引っ張る事が良く分かります。

 

というのも。

 

その場所にいて、皆が話をしている。
自分は、発言をしないでいる。
すると、その発言をしない時間が
長くなれば、長くなるほど。

 

発言をする時への、プレッシャーが
高まっていきます。

 

で、中盤から、後半になってしまうと。
もう、そのプレッシャーに勝てません
ですから、結局、話をすることがなく
その場が、終わりになります。

 

会話が苦手な人が、さらに会話が
できなくなってしまう、一つの
サイクルですね。

 

これって、あなたが、会話が苦手ならば
心当たりありませんか?

 

まず、初期の段階で、発言をして
おくことが、その後にも、有効に
働いてくるので、緊張は、当然しますが

 

その中でも、何とかして発言を
しておく。回りの人と話をしておく。

 

それが、次の発言へのプレッシャーを
低くしてくれます。

 

黙っている時間が長くなればなるほど。
次の発言へのプレッシャーが多く
なるから、発言量は意識して
増やしておく方が良いです。

 

そういった事が大切になります。

 

女性から、どう思われるだろうか。
印象は、良いものになっているだろうか。
どうしたら、良い印象を持って
もらえるだろうか。

 

とかとか。

 

考えだしたらキリがありませんが。

 

まず、色々と心配があるならば
会話の中で、ネガティブな事を言われない
ようにしてしまうのも、一つの手です。

 

これは、簡単です。
ネガティブな話をしなければ
良いわけです。

 

女性が、ネガティブな答えを言えない
ような会話を選択していくだけの話。

 

例えば、緊張をしてしまって、会話が
スムーズにいかない。
で、女性も、なんとなく、窮屈そう
な感じがした。

 

おもわず

 

「すみません。
俺みたいな、男と話をしていても
楽しくないですよね。」

 

これを言えば、そこからは
ネガティブな方向に行く道筋を
自分で作ってしまうようなもの。

 

女性の中にも、それがインプット
されますので、ポジティブな
方向に意識が行きづらくなる。

 

だったら、ネガティブに行く
ような会話をカットしてしまう。

 

ポジティブにしか、考えられない
ような会話や、返事をするしかない
そういったもので、埋めてしまえば
良い。

 

そうすれば、あなた心配するような
ネガティブな答えは女性から
帰ってこないです。

 

まずは、自分から、ネガティブな
話は、降らない。
これが、基本。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年5月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ